生きるを楽しく賢く

LIFELOG

行事・風習・記念日

【実例付き2019年版】愛鳥週間ポスターコンクールの描き方(イラスト・明朝体レタリング)!そもそも愛鳥週間とは?

投稿日:

鳥

「愛鳥週間のポスターを描いてきてください」と宿題に出されても、困ってしまう方が多いのではないでしょうか?

鳥を描けばいいんだろうな、くらいのことはわかるかと思いますが、そもそも愛鳥週間って何?という方も多いかと思います。

そこでこの記事では、まず、そもそも愛鳥週間とは何か?のご説明、および、2019年愛鳥週間ポスターコンクールの詳細をお話させていただきます。

そして、愛鳥週間の意味をご理解いただいたうえで、実際に2018年や2017年の過去の愛鳥週間ポスターコンクールで入賞されたポスターをご覧頂きつつ、どのような鳥のイラストを描けばよいのか、また「愛鳥週間」という文字を明朝体でレタリングする際のポイントなども解説させていただきます!

愛鳥週間の意味を知り、ポスターコンクールの趣旨を把握し、愛鳥週間ポスターを描く際の具体的なポイントをご理解いただければ、完成度の高い作品が描けると思います!

スポンサーリンク

愛鳥週間とは?2019年はいつ?愛鳥週間の意味・目的は?

愛鳥週間とは?2019年はいつ?

愛鳥週間をご説明させていただきく前に、愛鳥週間の始まりの基点となる「バードデー」についてお話させていただきます。

バードデーとは直訳そのままですが、鳥の日ですよね。

このバードデーですが、日本では1947年(昭和22年)に、オリバーL.オースチンというアメリカ人鳥類学者の提唱によって、毎年4月10日を「バードデー」とすることに決まりました。

ただし、その後、4月10日ですと北の地方ではまだ雪が残っているという理由から、1カ月ずらして、毎年5月10日をバードデーとすることになりました。

推測ではありますが、きっと雪が残っているとバードウォッチングとかがしづらかったり、野鳥達がそれほど活動的でなかったりするからなのでしょうね。

日本は縦に長いですから、良い配慮なのではないでしょうか。

北の地方にしか生息していない野鳥とかもいるかと思われますからね。

そして、話を戻し、愛鳥週間ですが、このバードデーである5月10日からスタートし、1週間が愛鳥週間になります。

具体的に言いますと毎年5月10日~5月16日が愛鳥週間です。

ですので、2019年の愛鳥週間の期間は2019年5月10日~2019年5月16日になります。

愛鳥週間の意味・目的は?

愛鳥週間の期間がわかったところで、では愛鳥週間って何をする記念日なのか、その意味・目的についてご説明させていただきます。

たとえば鳥グッズを買ってカバンとか身に着ければよろしいのでしょうか?

皆さんはどう思われますか?

正解をお伝えしますと、愛鳥週間の意味・目的は「気候が暖かくなってきて、野鳥の活動が活発になってくるこの時期に、野鳥を通じ、野鳥を取り巻く自然環境保護の大切さを知って、広めていく」ことになります。

簡単に言いかえますと、「野鳥を楽しみつつ、そんな野鳥達が暮らしていける自然を今後も守っていく事の大切さを知り、それを広めていきましょう」というのが、愛鳥週間の意味・目的になります。

スポンサーリンク

2019年愛鳥週間ポスターコンクールについて

愛鳥週間の意味の中に「広めていきましょう」とあったかと思いますが、その広めていく活動のひとつが、日本鳥類保護連盟が募集業務を担当する「愛鳥週間用ポスター原画コンクール」になります。

愛鳥週間用ポスター原画コンクールの目的

募集された作品の中から「日本鳥類保護連盟総裁賞」を選び、その総裁賞の中の作品を元に、翌年の愛鳥週間用ポスターを作り、愛鳥週間の普及に努めることが目的となります。

また、それと同時に、愛鳥週間用ポスターを作る過程において、野性鳥類についての保護思想を高める事も目的となっております。

つまり、選ばれた作品だけでなく、そもそも愛鳥週間ポスターを作ること自体にも大きな意味があるということになります。

作品を作るということは、モチーフとなる鳥について向き合うことですから、色々と調べたり、写真を見たりするなかで、鳥について知り、鳥の可愛さなどを感じたりすることになるかと思います。

主催、後援

公益財団法人日本鳥類保護連盟が主催し、環境省・文部科学省・林野庁が後援となります。

毎年5万点以上の作品が集まりますので、全国的なコンクールになります。

応募資格

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、各種学校、高等専門学校等に在学している18歳以下の人が対象になります。

また、定時制高校に在学している19歳以下の人になります。

というわけで、全国幅広く募集しています。

募集期限・応募の流れ

募集期限は一定ではなく、各都道府県によって異なります。

ですので、各都道府県の担当課に確認する必要があります。

送付先などもその際に確認されるとよいでしょう。

応募の流れとしては学校で取りまとめて、各都道府県の担当課に送付し、そこから日本鳥類保護連盟に届くという流れになっております。

スポンサーリンク

2019年愛鳥週間ポスターの描き方のポイント(イラスト・明朝体レタリング)

では愛鳥週間、愛鳥週間ポスターコンクールについてご理解いただいたうえで、実際にどのようにポスターを描けば良いのか、描く際のポイントをお伝えさせていただきます!

平成31年(2019年)度愛鳥週間用ポスター原画コンクール「総裁賞」作品

ポイントをつかむためには、昨年もっとも評価された昨年の総裁賞の作品を見るのが一番!ということで昨年の総裁賞作品を掲載させていただきます。

山形県山形市立第十小学校5年の鈴木美羽さんの作品となります。

素敵な作品です。

みなさんはいかがお感じになりますでしょうか?

平成31年度 愛鳥週間用ポスター原画コンクール『総裁賞』

引用元:公益財団法人 日本鳥類保護連盟

2019年愛鳥週間ポスターの描き方のポイント(イラスト編)

先ほど掲載した作品に関して、総裁賞を受賞理由が描かれています。

つまりこれが評価されるポイントになるわけです。ではひとつずつ見ていくことにしましょう。

描き方のポイント1

スズメに豊かな表情があるかのように表現されており、スズメたちが何かささやいている様子がとても微笑ましく、とても親しみやすさを感じます。

引用元:公益財団法人 日本鳥類保護連盟

これは人間のポスターでも言えるかと思いますが、「表情」はすごく見る者をひきつけます。

その表情から人間は意味を受け取ろうとするのです。

ですので、色々な鳥の写真で表情を見比べて、ご自身のポスターを通じて表現したい表情を作品に取り込んでみてはいかがでしょうか。

描き方のポイント2

近年、スズメが減少しているという話もあり、将来的にこのような光景を見ることができなくなるかもという、警鐘としてとらえることができる作品です。

引用元:公益財団法人 日本鳥類保護連盟

ただ単に可愛い鳥が描ければよいというわけではありません。

愛鳥週間の目的は「野鳥を通じ、野鳥を取り巻く自然環境保護の大切さを知って、広めていく」わけですから、鳥達を取り巻く環境という一歩下がった広い視点が盛り込まれていることが大切になるかと思います。

描き方のポイント3

スズメ

 

身近な野鳥であるスズメが愛らしく、温かみを持って表現されており、愛鳥週間用ポスターとして、広く一般に受け入れられる作品です。

引用元:公益財団法人 日本鳥類保護連盟

愛鳥週間用ポスター原画コンクールの目的のひとつに「愛鳥週間の普及に努める」という目的がありますので、多くの人に受け入れられることも大切になってきます。

ですので、多くの人たちが安心して見られるテイストで描くことが大切です。

広める、という手法としては炎上させる方法もありますが、後援は環境省・文部科学省・林野庁とうことで、教育の一環として行われている点を踏まえますと、炎上路線は避けたほうがよいでしょう。

描き方のポイント4

スズメの行動が細かく表現されており、親鳥や幼鳥の羽の模様も識別できるまでしっかり表現されています。

引用元:公益財団法人 日本鳥類保護連盟

これも実際にイラストを描くときのポイントになります。

デフォルメしたマンガチックなイラストが描きたい人もいらっしゃるかもしれませんが、受賞作品を見ますと、写実的な作品が評価されております。

ですので、鳥の写真の細部をしっかり見ながら、繊細なタッチで、細部にも気を使って描くことがポイントとなります。

避けるべきポイント(描き方のポイント5)

最後に逆にやってはいけない、避けるべきポイントをお伝えいたしましょう。

原則として、人物を描くのは避けましょう。

愛鳥週間のポスターな訳ですから、野鳥を描きましょう。

公益財団法人日本鳥類保護連盟も「野鳥は直接手に触れることはできません」「人物を入れる場合は構図をしっかりと考えて」とのコメントを出しています。

このことから人物が登場することは絶対NGではないようですが、基本的には人物は登場しないほうが無難かと思います。

スポンサーリンク

2019年愛鳥週間ポスターの描き方のポイント(明朝体レタリング編)

ポスターですので「愛鳥週間」という文字を作品に入れましょう。

とはいっても、レタリングをされたことのない方もいらっしゃるかと思いますので、レタリングのポイントをお伝えします。

レタリングの書体は明朝体にすべき?

受賞作品を見ますと、イラストが写実的なものが多いですから、必然的に明朝体が適しているかと思います。

写実的な作品には明朝体が合いやすいからです。

かといって、必ずしも明朝体である必要もなく、ゴシック体の作品も受賞されており、ポイントとしては自分のイラストのテイストに合ったレタリングの書体にしましょう。

レタリングのやり方

レタリングのやり方を動画でご説明させていただきます。

動画は明朝体のレタリング方法となっています。

手順1
文字の大きさを意識しながら、四角い枠を書きます。枠の中に中心線をひき、枠内いっぱいに文字を書きます。

手順2
文字を肉付けして、太くします。ここでのポイントは、縦の直線は定規を使うことです。

手順3
作成した文字の上にトレーシングペーパーを置いて、文字の輪郭をトレーシングして、書き写します。ここでのポイントは四角い枠も一緒に書き写すことです。

手順4
トレーシングペーパーを裏返し、文字の輪郭の上を鉛筆で塗りつぶしましょう。

手順5
トレーシングペーパーを表にして、実際に清書する紙の上で輪郭をなぞると転写できます。

手順6
輪郭をもとに塗りつぶせば完成です。

まとめ

愛鳥週間とは「気候が暖かくなってきて、野鳥の活動が活発になってくるこの時期に、野鳥を通じ、野鳥を取り巻く自然環境保護の大切さを知って、広めていく」週間になります。

期間はバードデーとなる5月10日~5月16日となります。

また、愛鳥週間ポスターコンクールも募集されており、毎年全国から5万点以上の作品の募集があります。

愛鳥週間ポスターコンクールの作品を描くポイントは写実的なイラストで、明朝体で「愛鳥週間」をレタリングしたものが多いです。

ぜひ記事内でお伝えしたポイントを参考に、ご自身らしい作品を作っていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.