生きるを楽しく賢く

LIFELOG

宅配クリーニング

ダウンの洗濯方法【ユニクロにも対応、手洗い方法や洗剤など完全解説】

投稿日:

ダウンの洗濯方法【ユニクロにも対応、手洗い方法や洗剤など完全解説】

ふわふわ主婦
ふわふわ主婦
ダウンジャケットやダウンコートって家庭で洗濯できるの?もし洗えるなら洗濯方法を知りたい。

こんな疑問をお持ちの方へ。

この記事を読めば次のことがわかります。

  • お持ちのダウンジャケットやコートがご家庭で洗えるかどうか10秒でわかります。
  • 正しい洗い方だけでなく、この記事に書かれてある「洗濯のコツ」を実践すれば、気になる汚れもしっかり落ち、さらには、ふわふわになった気持ちのよいダウンジャケットやコートに仕上げることができます。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク

洗う前に確認すること、すべきこと【ユニクロやパタゴニアをはじめ、お持ちのダウンがご家庭で洗えるかがわかります】

洗濯絵表示の確認

ユニクロやパタゴニアをはじめ、そもそもダウンジャケットやダウンコートってご家庭で洗えるのかどうか、実は答えはあなたがお持ちのダウンに書かれています。

どこに書かれているのかと言いますと洗濯絵表示に書いてあります。

洗濯絵表示とはダウンジャケットの首元やわき腹の位置辺りなどについているタグのことです。

洗濯絵表示

引用:コジカジ

ここで洗濯可能の表示が書かれてあれば、ご家庭で洗濯が可能です。

ただし、洗濯可能と書かれてあってもフードについているファーは水洗いが出来ません。

ですので、ファーは洗濯するときには取り外しておきましょう。

また、洗濯絵表示が洗濯不可だった場合はクリーニングに出してプロにお任せしましょう。

最近は近所のクリーニング店に服を持って行かなくても、簡単にクリーニングできちゃう「宅配クリーニング」が人気です。

ネットで注文して宅配便の人に衣類を渡すだけです。

宅配クリーニングが気になる方は下の記事をお読みください。

色落ちチェックもしましょう

ご家庭での洗濯が可能だったとしても、お持ちのダウンジャケットやコートと洗剤との相性によっては色落ちしてしまう可能性があります。

せっかくキレイにしようとしてダウンを洗ったのに、洗濯し終わったら色落ちしてダウンの色が以前より薄くなってしまうのは悲しいですよね。

そうならないように事前に色落ちチェックをしましょう。

色落ちチェックのやり方はカンタンです。

色落ちテスト

  1. 洋服の目立たない部分の洗濯で使う洗剤の原液を少しだけつける
  2. 数分待って、洗剤をつけた部分をティッシュをあて、色が落ちていないかを確認する

ティッシュに色がついてしまっていたら、洗濯すると色落ちが発生します。

多少なら色落ちしても構わないという方でしたら、おすすめはしませんが、自己責任の上で洗濯されてもよいのかもしれません。

もちろんその際、洗濯機で洗う場合は他の衣類と一緒には洗わないようにしましょう。

他の衣類に色が移ってしまう可能性があります。

色落ちチェックの結果、色落ちがひどかった場合や、どのくらい色落ちするか判断付かないのでご家庭での洗濯は不安という場合にはクリーニング店にお任せしましょう。

大切なダウンが洗濯を失敗して着れなくなってしまうのが1番悲しいですもんね。

クリーニングに出す場合は宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングが気になる方はこちらをお読みください。

汗染みなどの気になる汚れには前処理で染み抜きをしましょう

前処理の染み抜きで洗濯の満足感がかなり変わります。

面倒だと思いますが、前処理を行うことをおすすめします。

洗濯前に気になっていた汚れがキレイに落ちていたら、洗濯してよかった、って思いますもんね。

ただし染み抜きは汚れの種類によってやり方が異なります。

やり方を間違うと染みが落ちないどころか、状況をさらに悪化させてしまいます。

以下の記事に汚れ別の具体的な染み抜き方法をまとめましたので、よかったら読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ダウンジャケットやコートを洗う際の洗剤について

ダウンジャケットを洗う時におすすめの洗剤をご紹介いたします。

GEAR AID(ギアエイド) ダウンクリーナー

GEAR AID(ギアエイド) ダウンクリーナーはダウン製品専用の洗濯洗剤です。

ダウンに染みこんだ汗や皮脂などの汚れをしっかりと落とすことができ、ダウンのふわふわを回復させることができるため、ダウン本来の保温力を回復させることができます。

アクロン

アクロンはおしゃれ着洗い用の洗剤で、ダウンジャケットを洗濯する際にも使用できます。

汚れを落とすだけでなく、着用ダメージまで防いでくれます。

スーツや学生服、セーターを洗う際など、幅広い衣類の洗濯に使用できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アクロン フローラルブーケの香り(450mL)【アクロン】
価格:298円(税込、送料別) (2019/5/25時点)

 

エマール

おしゃれ着洗い用の洗剤で、ダウンジャケットを洗濯する際にも使用できます。

洗濯ダメージを防いで洗うことができます。

トレンチコートやGジャンを洗う際など、幅広い衣類の洗濯に使用できます。

ダウンジャケットやダウンコートの洗濯方法【手洗い方法、洗濯機で洗う方法】

それではいよいよダウンジャケットやダウンコートの洗濯方法です。

手洗いと洗濯機での洗い方をご紹介させていただくのですが、まず事前にチェックした洗濯絵表示が「手洗い可能」だった場合は洗濯機ではなく手洗いをするようにしましょう。

「洗濯機での洗いが可能」な場合は洗濯機で洗ってもちろん良いのですが、やはり洗濯機というのは弱いモードにしても衣類に強い力がかかってしまいますので、ダウンジャケットをなるべく痛めたくない場合には手洗いがおすすめです。

ダウンジャケットやダウンコートを手洗いする方法

ダウンジャケットやダウンコートはもこもこしていて厚みがありますので、洗濯機の洗濯層、もしくは風呂桶を使います。

用意するもの
・おしゃれ着洗い用洗剤
・バスタオル

ダウンジャケットやダウンコートの手洗い方法

  1. ダウンジャケットのファスナーを閉めましょう。理由としてはファスナーを閉めることで形が整うからです。形が整っていないと洗濯しにくくなったり、洗濯中に中の羽毛が一部分に偏ってしまいダウンジャケットが型崩れする可能性があります。
  2. 襟やそで口など汚れが気になる部分を外側にしてたたみます。
  3. 洗濯機の洗濯層、もしくは風呂桶に30度前後のぬるま湯をはりましょう。
  4. ぬるま湯の量に応じて洗剤を入れて、洗浄液をつくります。洗剤はアクロンやエマールといったおしゃれ着洗い用の洗剤を使いうようにしましょう。
  5. たたんだ状態でダウンジャケットをやさしく押し洗いをしましょう。沈める、浮かせるを20~30回程度おこなってください。洗浄液が跳ねたり、風呂桶などからあふれたりしないように、やさしく押してダウンジャケット全体に洗浄液が染み込むようにして洗うのがコツです。また、揉み洗いや掴み洗いは羽毛が痛んでしまうのでやらないようにしましょう。
  6. キレイな水に入れ替えて押し洗いの要領ですすぎます。すすぎは何度か水を入れ替えて、水の濁りであったり、洗剤の泡立ちが消えるまで繰り返しましょう。
  7. ダウンジャケットを絞ったりはせずに、大きめのバスタオルをつかって脱水しましょう。バスタオルを大きく広げ、手洗いを終えたダウンジャケットを乗せ、バスタオルで挟む感じで水気をとりましょう。バスタオルが水を含みすぎてしまったら新しいバスタオルに取り替えてできるだけ水分をとりましょう。
  8. ある程度水分がとれたら、乾いたバスタオルに交換して、その上でダウンジャケットを乾燥させるようにしましょう。ある程度水分がとれたからといって、すぐにハンガーにかけないのがコツです。すぐにハンガーにかけてしまうと、羽毛が水分の重みで下に寄ってしまい、型崩れをおこしてしまうので注意です。
スポンサーリンク

洗濯機でダウンジャケットやダウンコートを洗う方法

洗濯機

基本的には手洗いをおすすめしますが、洗濯機洗い可のダウンジャケットやダウンコートでしたら、洗濯機での洗濯も間能です。

用意するもの
・洗濯ネット
・おしゃれ着洗い用洗剤

ダウンジャケットやダウンコートを洗濯機で洗う方法

  1. 手洗いと同じくダウンジャケットのファスナーを閉めましょう。理由としてはファスナーを閉めることで形が整うからです。形が整っていないと洗濯しにくくなったり、洗濯中に中の羽毛が一部分に偏ってしまいダウンジャケットが型崩れする可能性があります。
  2. 襟やそで口など汚れが気になる部分を外側にしてたたみます。
  3. たたんだダウンジャケットを洗濯ネットに入れましょう。
  4. 洗濯機に水をためてから、ダウンジャケットを洗濯機にいれましょう。ここでのコツはダウンジャケットをしっかりと水の中に沈めること。ダウンジャケットをいれただけでは水に浮いてしまうからです。洗浄液にきちんと浸からないと、洗濯をする意味がありません。ですので、何度も手で押し込み、ダウンジャケットがしっかりと水の中に入るようにしましょう。
  5. おしゃれ着洗い用の洗剤を入れて、手洗いコースなどの優しく洗えるコースで洗濯を始めましょう。ドライコースなど洗濯機によって色々な呼び方があるかと思いますが、生地を痛めないためにも優しく洗えるコースを選びましょう。
  6. 洗濯機で優しく洗い、すすぎまで終わらせます。
  7. 脱水です。ダウンジャケットを洗濯する際の脱水にはコツがあり、脱水は30秒おこなったら、一度ストップさせましょう。脱水をストップさせたら、取り出して、ダウンジャケットをほぐします。そして、再び洗濯機を入れて30秒脱水をします。このやり方で脱水を3回ほどおこないます。なぜ30秒でストップするのかといいますと、一気に脱水してしまうと、脱水の際の強い力でダウンがかたまってしまうからです。ダウンが固まってしまうと、仕上がりも悪くなりますので、面倒でも30秒ごとに脱水して、ダウンをほぐすことをおこなうようにしましょう。

干すときは自然乾燥させ、中のダウンまでしっかり乾かすようにしましょう

洗濯機での脱水の場合は、脱水が終わり次第、干してOKです。

ただし、先ほどお話させていただいたとおり、手洗いの場合はすすぎが終わってもすぐにハンガーにかけるのはやめ、ある程度乾かしましょう。

脱水が完了したら、干しましょう。

放置しすぎるとシワや型崩れの原因になりますので、タイミングが大切です。

ダウンジャケットやダウンコートの干し方

  1. 厚みのあるハンガーに脱水が完了したダウンジャケットをかけます。脱水後のダウンジャケットは重みがありますので、ワイシャツ用などの細いハンガーですと、バランスよく干すことができず型崩れの原因などになってしまいますので、厚みのあるハンガーで干すようにしましょう。
  2. 風通しのよい場所で陰干しをするようにしましょう。
  3. 羽毛が団子状になってしまっている場合は、ある程度乾いてから、両手ではダウンをはさむように軽く叩いて形をととのえましょう。ここでのポイントはある程度乾いてから形を整えることです。まだある程度水を含んでしまっている場合は、叩いてもあまり効果はありませんので、ある程度乾いた状態で叩いてきれいな形にするようにしましょう。
  4. 2~3日陰干しをおこない、羽毛であったり、ダウンジャケットの内側も完全に乾かすようにしましょう。ここでのポイントあせって完全に乾く前に干すのをやめてしまうこと。完全に乾燥していないと、カビやニオイの原因になってしまいますので、あせらずにしっかりと乾燥させるようにしましょう。
  5. 完全に乾いたら、形を整えましょう。羽毛が均一になるようします。具体的には縦、横の両方から軽く振りさばいて、羽毛のバランスを均一にさせつつ、ダウンジャケットの中に空気を入れるようにすることで、ふんわりとした仕上がりとなります。
  6. 最後に防水スプレーも行いましょう。防水スプレーで染みなど作らないように、ダウンジャケットの目立たない場所で使用する防水スプレーを試した後に、問題ないようでしたら、防水スプレーをダウンジャケット全体にかけましょう。防水スプレーは喚起の良いところで行いましょう。
スポンサーリンク

コインランドリーで乾かす方法もあります

ダウンジャケットをご家庭で陰干しする場合は2~3日かかります。

急に寒くなってきて明日から早速ダウンジャケットを着たいなど、そんなに待てない場合はコインランドリーを使うのもひとつの方法です。

回転式の乾燥機を使って、温度も低温で乾かしましょう。

ポイントはなるべく短い時間で仕上げるようにしましょう。

回転させて乾燥させるので、ダウンジャケットに空気もたくさん入って、仕上がりも良くなります。

ダウンジャケットやダウンコートの洗濯を失敗したくない場合

洗濯が可能なダウンジャケットであれば今回ご紹介させていただいた方法で、ぜひご家庭での洗濯をおこなっていただけると嬉しいです。

ですが、ダウンジャケットのご家庭での洗濯は、気をつけなければいけないポイントがたくさんあって、大切なダウンジャケットの洗濯を失敗して二度と着れなくなるのは怖いと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

乾燥に2~3日かかったりして、そもそも面倒くさいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときはクリーニングでプロにお任せするのが安心でラクチンです。

おすすめは家から一歩も出ずにクリーニングができる、宅配クリーニングのネクシーがおすすめです。

ネクシーは「まるで新品のようになって戻ってきた!」など、口コミでも評判の人気の宅配クリーニングサービスです。

また、ネクシーでは近所のクリーニング店では有料の染み抜きを無料でおこなっています。

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.