電気記念日とは?いつ?由来と意味は?イベント情報にシンボルマークも!

電灯

3月25日は電気記念日です。

では一体なぜ電気記念日は3月25日なのでしょうか?

そもそも電気記念日自体がそれほど知られていないのに、由来までわかるはずがない!という方が多いでしょう。

そこで今回は電気記念日の由来についてご紹介させていただきます。

また、電気記念日は何をする日なのでしょうか?

例えばひな祭りはひな人形をかざって、ひなあられなどを食べて女の子をお祝いをするというのはすぐにわかるとは思いますが、電気をお祝いする日なのでしょうか?

そもそも電気をお祝いするという文章自体が良くわからないかと思います。

では実際に電気記念日はどういう意味をもった日なのかについてもご説明させていただきます。

電気記念日は色々なイベントが開催されます。

ですので、電気記念日のイベント情報なんかについてもお話させていただだこうと思います。

スポンサーリンク

電気記念日はいつ?

冒頭にてご紹介させていただきました通り毎年3月25日が電気記念日となります。

学生さんなんかはちょうど春休みですし、冬の寒さが和らいでくる時期ですし、この記事で電気記念日に興味をもたれた方はぜひ電気記念日のイベントに参加されてみてはいかがでしょうか?

電気記念日とは?由来は?

なぜ電気記念日は3月25日なのか、という由来を知るためには、日本における電気の歴史を知ることが必要です。

それでは、早速、明治11年(1878年)にさかのぼりましょう。

当時、万国電信連合への加盟を狙っていた工部省電信局は、東京都木挽町に電信中央局を作り、明治11年3月25日にその開局を祝う開局祝賀会を、同じく東京都の工部大学校(現在の東京大学工学部)の講堂で開催いたしました。

祝賀会は大臣であったり、各国の大使など150名以上の人たちが参加し、盛大に行われました。

そして伊藤博文工部卿より命じられたイギリス人のエアトン教授により、その祝賀会の会場で、グローブ電池50個使って講堂の天井に設置したアーク灯を点灯させることに成功しました。

これが日本で初めて公の場で電灯が点灯された瞬間になります。

電灯が光った瞬間、「不夜城に遊ぶ思い」という驚きの声があがったようです。

もちろん現代の私たちからしたら電気の光は当たり前のものになっていますが、当時の人からしたら火でのあかりは知っていたでしょうが、よくわからない電気の力で光ることにはとても驚いたことでしょうね。

ちなみに、一般の人が電灯の光をはじめて見たのは、明治15年(1882年)11月1日に東京電灯会社が銀座の仮事務所に設置した街頭が点灯した瞬間になります。

さらに明治20年(1887年)3月25日には、日本で初めての家庭用の配電がスタートしました。

というわけで、日本での電気の歴史をご紹介するなかで3月25日が2回登場しましたね。

ひとつめは日本において公の場で初めて電灯が灯された日。

もうひとつは日本において家庭用の配電がスタートした日でしたね。

このことから3月25日は日本における電気にとって特別な日であり、昭和2年(1927年)に日本電気協会が毎年3月25日を「電気記念日」と制定しました。

スポンサーリンク

電気記念日の意味

では電気記念日は3月25日という日にゆかりがあり、3月25日が電気記念日として制定されたのは理解できたとしても、いったい何をする日なのでしょうか。

記念日は制定だけしても何の意味も無いですからね。

というわけで、これから電気記念日の意味をご紹介させていただきます。

それは現在の様に電気のある便利な生活となっているのは、先駆者達の偉業があってこそ。

ですので、電気記念日には先駆者達の偉業をたたえ、さらには今後の電気に関する新たな発展を誓おうとする日として、現在に至っております。

実際に電気が無いとどうなるか少し考えてみると、夜は火の明かりになるでしょうし、テレビも見れませんし、当然スマホゲームだってできないわけです。

そう考えると電気はとても大切なもので、途切れることなく電気使えるようにするためにはどうすれば良いのかなど、われわれは電気について考える必要があるのかもしれませんね。

電気記念日のイベント

講演

電気記念日の前後では、電気記念日を制定した一般社団法人日本電気協会により、日本各地でイベントが行われています。

今回は2018年(平成30年)に開催されたそれらのイベントはどのような内容だったか、ご紹介させていただきますね。

東北支部

記念講演:『地域経済の活性化が、日本の元気を取り戻す鍵』
講師:フリーキャスター・事業創造大学大学院客員教授 伊藤聡子氏

関東支部

記念講演:『電気未来予想図2050~変革が進む電力システム・エネルギー産業の展望~』
講師:東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長 岡本浩氏

中部支部

記念講演:『チーム力~私の水泳人生から~』
講師:元水泳競技日本代表 萩原智子氏

北陸支部

記念講演:『ミステリー小説から見た富山』
講師:高志の国文学館 主任・学芸員 大川原竜一氏

関西支部

記念講演:『 エジソン翁と石清水八幡宮について』
講師:石清水八幡宮 権宮司 田中朋清氏

中部支部

ミニコンサート:日本の歌、童謡コンサート
演奏:坂入姉妹

四国支部

記念講演:『 健康で幸せなシニアライフを送る生活術』
講師:管理栄養士 ヘルスケアオンライン株式会社 取締役 後藤恭子氏

九州支部

記念講演:『夢への挑戦~新たな一歩を踏み出す~』
講師:北山ゴルフアカデミー学長、沖学園高校ゴルフ部前総監督 田中 宏明氏
   女子プロゴルファー 山中彩恵氏

沖縄支部

傘寿功労者表彰や従業員功績者表彰、祝賀会などが行われました。

スポンサーリンク

電気記念日のシンボルマーク

電気記念日のシンボルマーク

電気記念日のシンボルマーク

「一般社団法人日本電気協会」HPより引用

電気記念日のシンボルマークは一般社団法人日本電気協会が昭和43年に公募して決まりました。

実際に画像を見ていただければわかると思いますが、電球の形、かつ、両方の手のひらで光を囲んでいる形のふたつのイメージでできあがっているシンボルマークとなります。

個人的な感想ですが、電気記念日のシンボルマークをみて、電気を大切にしましょう、というイメージが浮かびました。

みなさんはいかがでしょうか?

まとめ

毎年3月25日は電気記念日です。

電気記念日が3月25日になった由来は日本において公の場で電灯がともった明治11年(1878年)3月25日と、日本において家庭向けの配電がスタートした明治20年(1887年)3月25日に由来している。

電気記念日の意味は電気における先駆者達の偉業をたたえ、今後更なる発展を誓う日となります。

そのため、毎年電気記念日の付近で一般社団法人日本電気協会によるイベントが全国で行われています。

みなさんも今年の3月25日は電気について少しの時間でもよいので考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする