生きるを楽しく賢く

LIFELOG

ひな祭り

雛人形の名前と飾り方は?種類や道具にいつ飾ればいいの?

更新日:

ひな人形の名前、皆さんは言えますか?

ひょっとしたら童謡「うれしいひなまつり」の歌詞に出てくる「五人囃子の笛太鼓~♪」という歌詞から「五人囃子(ごにんばやし)」という名前はご存知かもしれません。

ですがこの五人囃子のメンバーはみんな若者ということは知っていましたでしょうか?

なんかどのメンバーも楽器を持っていて、まるでバンドみたいですよね!

また、用心棒役の左大臣という人形もいるのですが、この左大臣、実は年配の男性だったりします。

用心棒だから若い人の方がよさそうとは思いますが、いかがでしょうか?

といった風に、ひな人形はそれぞれに名前と役割が決まっていて、とても奥深いものだったりします。

ほかにもひな人形自体の種類であったり、小物である道具も色々と細かい設定があり、そちらも紹介させていただこうと思います。

さらには具体的な飾りの方法やいつから飾ればよいのか、といったこともご説明させていただきますね!

スポンサーリンク

ひな人形の名前

ひな人形の七段飾りの時に登場するフルセットのメンバーをそれぞれご紹介していきます。

内裏雛(だいりびな)

内裏雛とは別名親王飾りともよばれ、親王とは天皇のことになります。

女性のひなの方は内親王とも呼ばれます。

そもそも内裏とは何かといいますと、天皇が住んでいる御所となり、これが転じて天皇のという意味にも使われます。

ひな壇のいちばん上にいる男雛と女雛はなんと天皇とその奥様だったんですね。

ひな祭りは女の子のお祝いですから、可愛らしい人かと思いきや、実はとても高貴な人達だったんですね。

でも確かにお供のものを引き連れて豪華な道具を持っていたりするわけですから、そういう観点で見れば高貴な人だと納得がいきますよね。

ちなみに「お内裏様」という呼び方があると思いますが、これは男雛と女雛とで一対に人形のことをさしますので、ひな祭りの歌の歌詞に出てくる「お内裏様とお雛様~♪」というものは実は誤りだったりします。

また「お雛様」という言葉も男雛と女雛一対のことをさします。

この辺はなかなか奥深いですよね。

三人官女(さんにんかんじょ)

ひな壇の2段目にいる3人の女性の人形は三人官女になります。

この三人官女の役割と言いますと、女雛のお世話係になります。

やはり女性のお世話係は女性になるんですね。

もちろん女雛のお世話をするだけあって、三人官女は楽器であったり歌なんかが上手で、しかも漢文を読むなどの知性も高い女性になります。

ちなみに三人官女のうちの一人は結婚しています。

その既婚女性の見分け方ですが、昔は結婚している女性は眉を剃って、かつ歯を黒くするいわゆるお歯黒になっているのでぱっと見でわかることでしょう。

実は真ん中の女官が既婚女性になります。

既婚女性が一人入っている意味としては、女雛に結婚後の生活を教えるという役割も担っていたりします。

やはり現代でも独身の人には結婚とはどんなものかはなかなかわからないですもんね。

ちなみに他の2人はまだ結婚していない美女になります。

五人囃子(ごにんばやし)

ひな壇の3段目には五人囃子と呼ばれる元服前の若い男性の人形が置かれます。

ちなみに囃子というのは能の一種で、五人囃子はこのおめでたい席を楽器で囃子を演奏し彩ります。

ちなみに五人囃子が持っている楽器は異なり、右側から「謡(うたい)」「笛(ふえ)」「小鼓(こつづみ)」「大鼓(おおつづみ)」「太鼓(たいこ)」とどんどん大きな楽器になっていく並びになっています。

楽器が演奏できる若い男性ってカッコいいですよね!

また、ここでのアピール次第で宮中で重宝されるかもしれないので、五人囃子のメンバーはそれぞれ気合いが入っているかと思います。

随身(ずいしん・ずいじん)

ひな壇の4段目の2人の男性は随身と呼びます。別名左大臣、右大臣とも呼ばれています。

このコンビは年配男性と若い男性とのコンビになります。

左大臣が年配で、右大臣が若者です。

左大臣は左に位置するので、向かって見ると左側に座っています。

右大臣は向かってみると左に座っています。

この随身の役目ですが、天皇の用心棒になります。

そして大臣と名前がついているだけあって、実はひな壇では4段目ですが、三人官女や五人囃子よりも位は高いです。

4段目に位置するのは用心棒としての役割を果たすためになります。

仕丁(しちょう・じちょう)

ひな壇の5段目の3人の男性は仕丁と呼びます。

役割としては雑用係で、庶民出身となります。ちなみにこの3名、それぞれ表情が異なります。

右側から言いますと「怒った顔」「泣いた顔」「笑った顔」をしています。

このことは仕丁という立場というのは怒ったり、泣いたりすることもありますが、時には喜ぶこともあるという事を表現しています。

このあたりもひな人形の奥深さな気がしますがいかがでしょうか。

また、子供が表情豊かに育ちますようにといった願いが込められていると言われており、人生には喜怒哀楽がつきものであるということを表現したりもしています。

スポンサーリンク

ひな人形の御道具

ひな壇に飾られる御道具はお雛様の嫁入り道具になります。

具体的には1段目に「三宝(さんぽう)」を男雛と女雛との間に飾ります。

三人官女のいる2段目には「高杯(たかつき)」、随身のいる4段目には「御膳(おぜん)」と「菱台(ひしだい)」、仕丁のいる5段目には御道具ではないのですが「橘」と「桜」を飾ります。

そして6段目と7段目は全て御道具になります。

具体的には「箪笥(たんす)」「鋏箱(はさみばこ)」「長持(ながもち)」「鏡台(きょうだい)」「針箱(はりばこ)」「火鉢(ひばち)」「茶道具(ちゃどうぐ)」「御駕籠(おかご)」「重箱(じゅうばこ)」「御所車(ごしょぐるま)」になります。

さすが高貴な方のご結婚ということで嫁入り道具の量も半端ないですよね。

それぞれすごく華美で精巧に作られており、眺めているだけでも楽しいものとなっています。

初節句のお祝いの相場を知りたい方はコチラ!

ひな人形の種類

実はひな人形には種類があります。

皆さんはご存知でしたでしょうか?

衣装着ひな人形(いしょうぎひなにんぎょう)

こちらはシンプルに衣装を作って、その衣装を人形に着せている人形のことになります。

一般的なひな人形はこの衣装着ひな人形となっています。

逆に言うとそれ以外無いような気もしますが、実はあります。

次にご紹介いたしますね。

木目込みひな人形(きめこみひなにんぎょう)

木や桐塑(読みは「とうそ」で、桐の粉末に正麩糊(しょうふのり)という糊を混ぜて作った強度の強い粘土の一種)で胴体を作り、胴体を彫って溝を作成し、そこに衣装の端を差し込んで作ったひな人形になります。

ちなみに「木目込む」という言葉は「衣装の端を木の目に差し込む」ところから由来しています。

木目込みひな人形の特徴としては、人形の型の形で作った人形職人の個性が現れやすかったり、胴体に天然素材を使用しているため型崩れがしにくいのも特徴になります。

ほかにも上記の衣装着ひな人形よりも小ぶりのものが多く、扱いがしやすいという特徴もあります。

飾り方の種類

ひな人形は飾り方もいくつか種類があります。

親王飾り(しんのうかざり)

親王と内親王のみを飾ります。

省スペースで飾ることができますので人気です。

収納飾り(しゅうのうかざり)

人形や道具などを収納できる箱の上にひな人形を飾る方法です。

しまう際にはその箱の中にしまえばよく、そのコンパクトさから近年一番人気のある飾り方になります。

ケース飾り

ガラスやアクリルのケースの中に人形が飾られているものになります。

全てケースに収納されているので、ホコリがついたりということがありませんので、メンテナンスが簡単な飾り方になります。

多段飾り(ただんかざり)

多段飾りといっても、人形の数で呼び方が異なり「五人飾り」「十人飾り」「十五人飾り」があります。

「五人飾り」は内裏雛と三人官女の組み合わせ、「十人飾り」は内裏雛と三人官女と五人囃子の組み合わせ、「十五人飾り」はフルセットとなります。

段数は2段飾りから7段飾りまであり、7段十五人飾りはとてもすごいです。

ちなみに十五人飾りといってもコンパクトなタイプなものもあるようです。

七段飾りの意味

七段飾りは昔から「七」という数字は縁起の良い数字とされていることから来ているという説があります。

ラッキーセブンという言葉があるように「七」は良い数字なんですね。

 

ひな祭り(桃の節句)飾る桃以外の花を知りたい方はコチラ!

スポンサーリンク

ひな人形の飾り方の方法

ひな人形を飾る場所を決めましょう

何気なく決めてしまいがちですが、ひな人形を飾る場所選びも大切です。

特にお子さんがまだ小さい場合には安全を第一に考えて場所選びをしましょう。

ひな人形を取り出す前に写真を撮りましょう

ひな人形は型崩れなども考慮して収納されていますので、ひな祭りが終わり収納するときを考慮して、最初にスマホなどで写真をとっておくとあとで迷わなくすみますので大切です。

屏風や桜橘や御道具類などを出しましょう

ポイントは素手は避けて、白い布製の手袋をつけて作業を行いましょう。

素手ではごみや手の油がついたりします。

また、桜橘は素材によっては壊れやすいものもありますので、特に気をつけて取り出しましょう。

ひな人形を出しましょう

ひな人形は男雛、女雛に限らず、全部の人形の顔には紙などで覆いがされています。

覆いをはがすときには髪が乱れたりしないように丁寧に出しましょう。

そしてその顔紙などは捨てないようにしましょう。

また、ひな人形は色んな箇所にセロハンがかかっていますので、なるべく外さないようにしましょう。

ひな人形に持ち物を持たせましょう

ひな人形の腕は多少動きますので調整しましょう。

もし落ちやすいようでしたら、綿などで工夫するとよいでしょう。

飾り付けが終わったら

少し離れた場所で問題が無いか確認するようにしましょう。

また、全体写真も撮りましょう。

ひな人形の冠や持ち物のつけ方

内裏様

男雛

冠は頭に載せて正面を向かせます。

そして、あごにヒモをかけるようにしましょう。

また冠の後ろの穴に「纓(えい)」をまっすぐに立つように入れます。

「笏(しゃく)」は右手、「太刀(たち)」は左の腰に挟み込むようにしましょう。

女雛

冠には「玉串(たまぐし)」を使って固定されています。

「桧扇(ひおうぎ)」は開き、両手に持たせます。

三人官女

左の官女には長柄銚子にお酒を入れる「加えの銚子」、真ん中の官女には「三方」、右の官女には酒を杯に注ぐ「長柄の銚子」を持たせます。

五人囃子

並び純の向かって右側からご説明いたしますと「謡(うたい)」には扇を右手に持たせましょう。

「笛(ふえ)」には手を動かして口と両手の三方を調整して、左手をやや引き気味にして笛を持たせましょう。

「小鼓(こつづみ)」には左手に小鼓の胴をもたせて、右肩で担がせましょう。

「大鼓(おおつづみ)」には左手で大鼓の胴をもたせて、左ひざ上に押さえる様な感じで持たせるとよいでしょう。

「太鼓(たいこ)」は台を組み立てて、太鼓を載せます。

そしてバチを左右の手に持たせましょう。

随身

左大臣と右大臣の持ち物はどちらも一緒です。

あごにヒモを結ぶときには耳飾みたいな「緌(おいかけ)」は耳の上に止めて顔を覆うようにするとよいでしょう。

右手には羽根を下にして矢を持たせましょう。

左手には弓をそりを上にする形で小脇に抱え込む感じで持たせると良いでしょう。

背負い矢は羽根が左肩から出るように背負わせましょう。

仕丁

向かって右側から笑い上戸の「立傘」、真ん中には泣き上戸の「沓台」、左側には怒り上戸の「台笠」の順で並べるようにしましょう。

お雛様へののお供え物

3月3日には神様や仏様にお供えして供養します。

ではどんなものをお供えするのかをご紹介させていただきます。

菱餅

白・緑・赤の三色のおもちをそれぞれ菱形に切り、重ねたものになります。

白は雪、緑は厄払いする力があるとされているよもぎ餅の緑色、赤は桃の赤を表しています。

また形状としてとがっている所から、邪気をはらってくれるともされています。

ひな祭りならではの菱餅ですが、厄払いの食べ物だったんですね。

白酒

大蛇を宿ってしまった女の人が白酒を3月3日の飲むと、その大蛇を流産させることができるというお話があり、それがひな祭りの白酒を飲む由来となっています。

その由来から、胎内に悪い子が宿りませんように、という願いを込めて白酒を飲みます。

お雛様はいつごろ飾る?

3月3日がひな祭りと知っていても、ひな人形は1日だけ飾るというものではありません。

ではいつごろから飾ったほうがよいのかと言いますと、いくつかあるのですが、二十四節気のひとつである「雨水」に飾のが良いとされる地域もあります。

具体的には「雨水」は2月18日か2月19日にあたります。

もしくは元旦から数えて15日を中心にした旧正月儀礼を「女正月」として、ひな人形を飾るのがよいとする地域もあります。

地域によって色々ありますので、初節句の場合はお互いのご両親に聞いて初ひな人形を飾るのがよいかと思います。

ひな人形のしまい方

ひな人形はどうやってしまえばよいのでしょうか。

きちんとした形でしまわないとホコリやカビなどでせっかくにひな人形が傷んでしまいます。

まずひな人形をしまう日ですが、天気が良くて、空気が乾燥している日がよいでしょう。

そしてしまい方ですが、人形についているゴミやホコリは人形専用のはたきできちんと落としましょう。

人形の顔はティッシュなどのやわらかい紙で包みます。

冠や楽器などの道具は人形から取り外しましょう。

防虫剤はひな人形、ぼんぼり、桜橘に入れましょう。

そしてこのときの注意点ですが、防虫剤が直接ひな人形に触れないように気をつけましょう。

また、別の種類の防虫剤をいっしょに使用しないようにしましょう。

そして、収納場所ですが、直射日光があたる場所や湿気の多い場所、温度の上下が激しいような場所は避けるようにしましょう。

しっかりと片付け、保管して、来年も美しいひな人形を飾れるようにいたしましょう。

まとめ

ひな人形はそれぞれ名前と役職があります。

しかも同じ役職でもそれぞれ異なったキャラクターで、持つ道具も人形によって異なっていますので、並び順などに気をつけてきちんと飾るようにしましょう。

今回、各キャラクターを知ったあなたは今年のひな祭りにはぜひそういった身分やキャラクターを思い出しながら、それをお子さんにお伝えして、一緒にひな人形を鑑賞することで、よりひな祭りを楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.