生きるを楽しく賢く

LIFELOG

ひな祭り

ひな祭りの起源と歴史!雛人形に込められた意味とは?

更新日:

「ひな祭り」と「桃の節句」は同じものなのでしょうか?

それとも別のものなのでしょうか?

ひな祭りは実は色々な風習が融合し、時代とともに変化してきた行事になります。

そこで今回はひな祭りの起源をはじめとして、その変遷の歴史についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ひな祭りの起源

ひな祭りの起源は中国

ひな祭りの起源は実は中国の「上巳の節句(じょうしのせっく・じょうみのせっく)」になります。

節句の「節」というのは、唐の時代に作られた暦法で決められた季節の変わり目のことです。

その節は5つあり「五節句」とよばれ、節句は年5回、季節の節目に身の穢れをはらうという大事な行事でした。

五節句とは具体的には、1月7日の「人日(じんじつ)の節句」、3月3日の「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」、5月5日の「端午(たんご)の節句」、7月7日の「七夕(しちせき)の節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」になります。

この遣唐使によって伝わってきた「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」がのちに桃の節句になっていきました。

「端午(たんご)の節句」や「七夕(たなばた)」も中国が起源のものだったんですね。

日本では平安時代の子供の無病息災を願うおはらいがひな祭りの起源

また、日本では平安時代の中ごろに、子供が無事育つことを願うおはらいを3月はじめの巳(み)の日におこなっていました。

そして、旧暦の3月3日は現在でいう4月の上旬で、桃の花の季節でした。さらに桃の木は厄除けできる力があると信じられていました。

これらの条件が重なり、3月3日(上巳の節句)は桃の節句と呼ばれるようになったのです。

ですので、ひな祭りと桃の節句は同じものになります。

昔は現在と違って子供が育ちづらい環境であり、かつ季節の変わり目は現在でもそうですが体調を崩しやすい時期であったため、季節の変わり目である節句には厄除けをしたのでしょうね。

 

桃以外にひな祭りに飾る花を知りたいアナタはコチラ!

スポンサーリンク

桃の節句がひな祭りと呼ばれるようになった歴史

これまでご説明してきたように、桃の節句は無病息災を願って厄除けする日でした。

ではなぜ、現在では雛人形を飾るようになったのでしょうか?

これは桃の節句に歴史的に「ひいな遊び」「流し雛」というものが融合したからなのです。

ではこの 「ひいな遊び」と「流し雛」をご説明させていただきますね。

ひいな遊び

ひいな遊びとは平安時代の貴族の女の子達に流行った紙やワラで作った人形(ひとがた)で遊ぶ、いわゆる「おままごと」です。

やはり昔から女の子はおままごとが大好きなんですね。

また、今も昔も流行を取り入れて今風にアレンジすることは大切なことなんですね。

ちなみにこのひいな遊び、枕草子や源氏物語なんかにも登場いたします。

流し雛

3月3日と決まった日ではないのですが、ヘビ年のヘビの日(3月上旬の巴の日)は厄災を呼んでしまう日と言われていました。

ですので厄災に合わないように、毎年宮廷では自分の厄災を人形(ひとがた)の紙に移して、川や海に流していたそうです。

これを流し雛と呼びます。

要は人形に身代わりになってもらい、どこか遠くへ流していたんですね。

この流し雛は、当時は老若男女の無病息災を願うもので、女の子限定のイベントではありませんでした。

この人形は自分の身代わりということで、自分に似せて作ったりしていたのかが気になります。

身長が高かったり、太っていたりと、色々個性のある人形だったのでしょうか。

どこまで作りこまれていたのか気になりますよね。

ちなみにこの流し雛という行事は現在でも行われている地域があります。

スポンサーリンク

江戸時代から徐々に現在のひな祭りに近い形になる歴史

江戸時代に幕府は、先ほどご説明させていただいた五節句を正式な祝い日として制定します。

そして色々なお城での行事を行うようになりました。

このお城でのイベントが武家に伝わって、次第に一般の人たちにも広まり、浸透していきます。

現在はそうでないパターンも増えてきましたが、昔の行事はやはり身分の高い人たちから徐々に庶民に伝わるものだったんですね。

その中で上巳の節句も伝わり、上巳の人形(ひとがた)は流すのではなく、置いて飾る人形へと変化していきます。

置いて飾るとなるとやはり紙のものだと味気ないと感じる人が多かったのでしょうか、次第に豪華になっていきます。

江戸時代末期には内裏の人形だけではなく、小道具なんかも登場してきて、どんどんと華美になっていきます。

そしてそういった風潮に対し、幕府がストップをかけるということもおきました。

ちなみに、女の子の赤ちゃんが生まれた時、女の子の無病息災を願って初節句をお祝いするようになる歴史は江戸時代中期からになります。

明治時代に雛人形の豪華化はさらに進みます

明治時代には2人だけの内裏人形から、人数が増えていきます。

右大臣や左大臣、五人囃子や三人官女なんかもひな壇に登場するようになっていきます。

また、嫁入り道具なども登場します。

やはり、人間というものは基本的には拡大傾向になっていってしまうんですね。

しかし、面白いもので、現在は拡大傾向ではなく縮小傾向となっていきます。

なぜかと言いますと現在の住宅事情が大きいのではないかと思います。

現在では省スペースな2人だけの内裏人形が人気となっているようです。

この辺の人間の適応能力もさすがですね。

 

ひな人形の各人形の名前や役職を知りたい方はコチラ!

まとめ~雛人形に込められた意味とは?~

ひな祭りは季節の変わり目に行っていた無病息災を願う「上巳の節句」という中国の行事を起源とし、そこに平安時代のおままごとである「ひいな遊び」と、人形に身代わりになってもらい川や海に流すという「流し雛」とが融合した行事になります。

そして雛人形は江戸時代に川や海に流すものではなく、飾るようになり、2人の内裏人形だけの雛人形から、三人官女や五人囃子なんかも登場して豪華になっていきました。

今回いろいろとひな祭りの歴史の変遷をご説明させていただきましたが、現在のひな祭りは「女の子が健やかに育って欲しい」という願いが込められた行事ということが、その起源や歴史を知り、ご理解できたのではないでしょうか。

女の子のお子さんがいらっしゃる方でしたら、ぜひ今年のひな祭りはお子さんに「ひな祭りはあなたが健康に幸せに育っていってくれることを願ったお祝いなのよ」、とお伝えし、その意味をお互いにわかった上でひな祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

きっとお子さんも美しい雛人形を見れたり、ちらし寿司や菱餅、ひなあられといった美味しいものを食べる楽しい行事というだけでなく、周りの人が自分が健康に育つことを願ってくれているということを知り、感謝しつつ、よりひな祭りを楽しめるかと思います。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.