生きるを楽しく賢く

LIFELOG

ひな祭り

ひな祭りの由来や意味は?いつまで?料理や食べ物は?

更新日:

皆さんは、女の子のお祝いであるひな祭りは、いくつかの習慣や遊びなどが合わさってできた行事であることをご存知ですか?

そんなひな祭りの由来や意味をこれからご紹介させていただきます。

また、ひな祭りといえば3月3日なのはご存知とは思いますが、一体いつからいつまでがひな祭りなのでしょうか?

加えて「お雛様を片付けるのが遅れるとお嫁にいくのが遅くなる」という言葉の由来についてもご紹介させていただきます!

さらにはお楽しみであるひな祭りの料理や食べ物もお伝えさせていただきます!

スポンサーリンク

ひな祭りの由来

ひな祭りはひな人形を飾って、菱餅やはまぐりを食べたりしますが、いったい何の行事なのかご存知でしょうか。

実はひな祭りは中国の「上巳の節句(じょうしのせっく)」という厄払いの風習が伝わってきたことに由来します。

それとあわせ、日本の平安時代の三月上旬に行われていた、藁や草などで作った人形(ひとがた)に自分の穢れを移して、それを川に流すことで厄払いする風習と、貴族の女の子達の間で流行していた「ひいな遊び」というおままごとが融合して、ひな人形を流すという「流し雛」という風習が生まれました。

そして、次第に人形作りの技術向上に伴い、川に流さずに家で飾るようになり、これがひな祭りの由来と言われています。

ひな祭りの意味

さきほどご紹介させていただいたように、ひな祭りというのは、ひな人形に自分の穢れを身代わりしてもらうという意味になります。

通常はひな人形の豪華さや美しさに目が行きがちで、ひな人形のように美しくなってほしい、という願いが込められているとういうような勘違いをされる可能性がありますが、実は身代わりという意味を知りますと、ひな人形の見方が変わった人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ひな祭りの子供への説明のポイント

実際に今までの説明は大人の方であればご理解いただけるとは思いますが、実際にひな祭りの主役となる小さい女の子にはどうしてひな祭りをするか説明するのはこの説明では難しいかもしれません。

ですので、今回は小さい女の子向けにひな祭りを説明するポイントをご説明させていただければと思います。

まずはひな人形を飾る理由については3点をお伝えできればよいかと思います。

ひとつめは「昔は紙の人形に嫌なことを預けて川に流していたこと」。

ふたつめは「ひな人形には子供のお守りのような意味があること」。

みっつめは「ひな祭りは子供の健やかな成長を願う日であること」。

この3点をわかりやすくお伝えできればよいのかと思います。

また、菱餅など、ひな祭り特有の食べ物の意味についても後ほどご紹介させていただきますので、こちらもお子さんと食べるときに一緒にお伝えできるとよいかと思います。

ひな祭りにどうして雛人形や桃の花を飾るのか?

どうしてひな祭りにひな人形を飾るのかは先ほどお伝えしたように、女の子の穢れを移して身代わりとなってもらうために飾ります。

では、ひな祭りに桃の花を飾る理由はご存知でしょうか?

実は桃の花には「厄除け」であったり、「長生き」の力があるといわれています。

ですので、中国ではお風呂に桃の葉を入れて邪気払いをしたりしております。

また、旧暦の3月3日はちょうど桃の花の季節だったために、ひな祭りに桃の花を飾るようになったとのことです。

桃の花はピンクで女の子らしい色をしていて可愛いというのは何となくわかっていた方は多いと思いますが、さらには厄除けの力があるからだったんですね。

 

ひな祭りで桃以外に飾る花を知りたい方はコチラ!

スポンサーリンク

桃の節句はなぜ3月3日なのか?

桃の節句はどうして3月3日なのでしょうか?

実は節句とは暦上、節目になる日の事をいいます。

節句は1年で5回あり、1月7日は人日の節句、3月3日は上巳の節句、5月5日は端午の節句、7月7日は七夕の節句、9月9日は重陽または菊の節句と呼ばれています。

5月5日は端午の節句というのを知っていた人は多いかと思いますが、実は七夕の7月7日も実は節句だったのです。

そしてこの節句、お祝いごとに適している日とも言われています。

さらには3月3日のように、奇数が重なる日は、邪気をはらうことが出来る日とも言われています。

ですので、女の子の邪気をはらってお祝い事をするには3月3日は適していたんですね。

ですので、5月5日の端午の節句に、男の子が健康に育つことを祝うことも適していることになりますよね。

ひな祭りはいつからいつまで?

さて、3月3日に女の子の邪気をはらい、かつ健康に育つことを願ってお祝いをすることはご理解いただけたかと思います。

ではひな祭りはいつからいつまでなのでしょうか。

ここでは具体的にひな人形はいつから飾り初めて、いつ片付けた方が良いのかをご説明させていただきますね。

まずいつから飾り始めるかですが、ポイントはひな人形というのは女の子の穢れを移して厄災を身が割ってもらうのが役割となります。

ですので、3月3日の一日だけ飾るのは良くないとされ、ある程度の期間、飾っておく必要があるとされています。

具体的には節分の豆まきをして厄払いをしたあと、2月中旬くらいに飾り始めるのが良いとされています。

ですが、特にはっきりとした日にちが決まっているわけではありませんので、遅くともひな祭りの1週間前くらいまでには飾り始めるのが良いでしょう。

そして片付ける日ですが、こちらもはっきりとは決まっておりませんが、厄災の身代わりとなったひな人形をいつまでも置いておくのは良くないとされています。

ですが、地域によってはひな祭りの由来となった「上巳の節句」が旧暦の3月3日、現在でいう4月の上旬くらいに行われる行事だったために、地域によっては3月末、もしくは4月上旬までひな人形を飾っているところもあります。

色々な考え方があるようです。

お雛様を片付けるのが遅れるとお嫁にいくのが遅くなるのは本当か?

よく冗談で「ひな人形を片付けるのが遅いと結婚するのが遅くなる」と言われたことはありませんか?

実はこの言葉は子供にひな人形を早く片付けさせるために生まれた迷信とされています。

ですが、先ほどお伝えしたように、厄災を身代わってもらったひな人形をずっと飾っておくのは避けたいところです。

ですので、晴れた日にお雛様を片付けるのは縁起がよいとされていますので、晴れた日にお子さんと一緒に片付けるのがよいのではないでしょうか。

また、一説にはひな人形の婚礼の様子を結婚の象徴ととらえ、そのひな人形を早く片付けることで、早くお嫁さんにいくということを表現しているという説もあります。

ひな人形の種類

ひな人形の種類をご紹介いたします。

地域によってひな人形は色々なものがあるのですが、今回は7段飾りのひな人形の種類をご紹介させていただきます。

お内裏様とお雛様(おだいりさまとおひなさま)

一番上段の豪華な衣装の二人の人形。

こちらは実は天皇陛下と皇后さまを表しています。

一般人ではなかったのですね。

でもお付きの人がいるわけですから、やはり高貴な身分の方だったのですね。

三人官女(さんにんかんじょ)

お内裏様とお雛様にお仕えしている3人の頭の良い侍女になります。

向かって右側からご説明しますと、長柄の杓、三方、銚子をそれぞれ持っています。

五人囃子(ごにんばやし)

五人囃子の笛太鼓~♪というひな祭りでおなじみの五人囃子です。

能楽のお囃子を奏でる5人の男の子になります。

向かって右側からご説明しますと、謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓を持っています。

隋臣(ずいじん)

お内裏様とお雛様をお守りする用心棒になります。

向かって左側の若者は右大臣、向かって右側のおじいちゃんが左大臣の二人になります。

用心棒とかかっこいいですよね。

でもお守りする用心棒の二人のうち一人はおじいちゃんなんですね。

仕丁(しちょう)

お仕えしている3人の雑用係の人達になります。

向かって右側からご説明しますと、ほうき、ちりとり、熊手をもっています。

また、場合によっては外出用の付き人として、立傘、くつ台、台傘を持っている場合もあります。

そのほか、段数が増えると、上記以外の役の人たちが置かれる場合もあります。

 

ひな人形の飾り付け方を知りたい方はコチラ!

スポンサーリンク

ひな祭りにするお祝いやお祝い金の相場は?

ひな祭りのお祝いですが、地域や立場によって異なります。

母方の祖父母ですとひな人形購入資金を半額~全額、お祝い金として渡す場合があります。

またお祝い金でなく、実際にひな人形を購入してあげる場合もあります。

さらには成長を祝って洋服なんかをお祝いとして渡す場合もあり、実は様々なんです。

特にひな人形を贈ってあげたいと考える場合は、贈る相手の住宅事情であったり、転勤族でないかなど、色々と考慮することがありますので、贈り手と貰い手がきちんと相談のうえ決めるようにしましょう。

また、父方の祖父母と折半でひな人形を購入するパターンもあります。

親族や兄弟の場合の相場は一般的には5000~1万円程度、友人や知人なんか相場は3000~5000円くらいになります。

また、親族や兄弟の場合はお祝い金に加え、洋服やおもちゃなんかの品物も合わせて贈るケースも増えています。

ひな祭りの和菓子や食べ物や料理

ひな祭りの食べ物をご紹介します。

実は見た目に可愛いだけでなく、きちんと食べ物に意味があったりします。

ひな祭りの和菓子(雛菓子)

京都では「ひちきり」という赤・白・緑などの優しい色合いのカラフルな上生菓子を食べる風習がありをます。

形としては「阿古屋(あこや)貝」を模していると言われていて、片方の先端がひっちぎられており、そこから「ひちきり」という名前がついたといわれているお菓子になります。

この「阿古屋(あこや)貝」は女性の性を表現したものとなり、子宝に恵まれるようにという意味が込められています。

菱餅(ひしもち)

3色のものもありますが、今回5色の菱餅のご説明をさせていただきます。

下から茶色→黄色→緑→白→赤の順番となっていますが、こちらは土から葉が伸び、茎があり、花が咲く順になっている、という説があります。

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でないと、きちんと合わさることはない、というはまぐりの特徴から、一生一人の人と添い遂げるように、という願いが込められているのです。

ちらし寿司

ちらし寿司には特にいわれというものはありません。

ですが、長生きという意味のある海老であったり、見通しがきくれんこんだったりと、縁起の良い具が入っているため、縁起の良い食べ物として次第に定着していったようです。

また、華やかな見た目も女の子のお祝いであるひな祭りに合っている、というのもあります。

まとめ

ひな祭りの由来は中国の厄払いの風習に、日本独自の雛流しという風習と貴族の子供達の遊びである「ひいな祭り」とが融合したものと言われています。

ひな人形は厄災の身代わりですので、飾り始めと終わりにはきちんと対応するようにした方がよいでしょう。

また、ひな祭り特有の食べ物なんかも、きちんと意味があり、今年のひな祭りは意味を思い出しながらひな人形飾ってたり、菱餅などの食べ物を食べてみてはいかがでしょうか。

また、お子さんにひな祭りを説明するポイントを踏まえて、今年はお子さんにもひな祭りの意味を伝えて、一緒に楽しまれるのも良いかと思います。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.