国際女性デーとは?英語で何と言う?ミモザの花をプレゼント?日本でのイベント情報!

「国際女性デー」って皆さんは聞いたことがありますか?

国際女性デーという名称を聞いた人がある人でも、起源はいったい何で、いったいどういった意味のある日なのかまでご存知の方は少ないかと思います。

日本ではあまりなじみがないかと思いますが、国際女性デーではミモザの花を女性にプレゼントする習慣があります。

これは一体どういった由来があるのでしょう。

また、日本では国際女性デーはどういったイベントが2018年にあったのでしょうか。

また、国際女性デーを英語で何というか、さらにはベトナムや中国での国際女性デーはどういったものなのかなんかについてもこの記事でご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

国際女性デーとは?起源と由来と意味

まず国際女性デーはいつなのかといいますと、毎年3月8日になります。

そして国際女性デーの意味と申しますか、何をする日なのかといいますと、「女性の権利と世界平和を目指す日」で、世界の色々な国で記念行事であったり、イベントが行われています。

この説明だけではいまいちピンと来ない方が多いかと思いますので、国際女性デーの由来といいますか起源は何かと申しますと、20世紀の初めの頃のアメリカでの女性の社会主義運動に端を発した、女性の選挙権獲得を求めた集会「女性デー」が起源になります。

具体的にこのアメリカでの女性デーは1909年2月28日(最終日曜日)に行われています。

そして1910年にコペンハーゲンで行われた第2回国際社会主義女性会議にて、ドイツの女性運動の指導者であったクララ・ツェトキンらが、様々な女性問題の要求を国際連帯の下に取り組んでいこうと「国際女性デー」を提唱し、採択されます。

この第2回国際社会主義女性会議をきっかけに女性デーは世界的に広がりをみせます。

国連では国際婦人年である1975年になって初めて「国際女性デー」が実施されて、1977年に国連総会で「国際女性デー」を3月8日にするということが決議されました。

というわけで、「国際女性デー」という名前だけを見ますと国連が決めたことが起源のようにも思われますが、実は半世紀以上も前の女性の選挙権獲得を求めた集会が起源だったんですね。

逆に言いますと国連遅すぎですよね。

日本における女性デー

日本で最初の女性デーは1923年3月8日に行われた「種蒔き社」主催で行われた女性デーになります。

ですが、この集会は反対派による妨害のためにわずか40分で警察によって解散させられました。

また、戦後は政党であったり、労働組合の婦人部などがメインになって全国の色々な場所で集会をおこなうようになりました。

現在は一般の女性団体やグループなんかも国際女性デーにイベントをおこなったりしています。

昔は女性が人権を訴えることに反対派がいたというのは今から考えると不思議なことですよね。

ですが女性デーなどの活動により、今では当たり前ではありますが、女性は人権を勝ち取ったのかもしれません。

スポンサーリンク

国際女性デーにミモザの花束をプレゼントする理由

国際女性デーは別名「ミモザの日」とも呼ばれます。

ミモザというのは3月に花が咲く鮮やかな黄色の花です。

そして、国際女性デーである3月8日には女性にミモザの花束をプレゼントする風習があります。

それは一体なぜなのでしょうか?

理由と言いますか、由来はイタリアにあるのです。

イタリアでは男性から女性にミモザの花束を贈る風習があり、国際女性デーのある3月に咲く花であるミモザを女性への感謝の意味を込めてプレゼントするという風習が世界的に広まり、国際女性デーにはミモザの花束を女性に贈るようになったのです(男性から女性だけでなく、女性同士で感謝の意味でミモザの花束をプレゼントすることもあります)。

素敵なことですよね。

日本の国際女性デーのイベント2018

日本における「国際女性デー」のイベントですが、2018年には「国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA 2018」が東京(渋谷と恵比寿2会場)・大阪・愛知・宮城の4都市5会場で開催されました。

渋谷ではオープニングとして「国際女性デーに踏み出す新たな一歩」という題名で元E-girlsのDream Aya氏やサンリオピューロランド館長の小巻亜矢氏などが登壇されたりしています。

ほかにもUN Women日本事務所は文京区、PwC Japan グループ、ユニリーバ・ジャパンと共催し、国際女性デーの記念として、HeForSheセミナー2018「マインドセットは自分で決める~あなたはどんな生き方・働き方を選びますか~」というイベントを開催しています。

2019年も日本の各地で「国際女性デー」記念のイベントが行われるかと思います。

国際女性デーは英語で何と言う?

「国際女性デー」は英語で何と言うのでしょうか?

「国際女性デー」は英語で「International Women’s Day」と言います。

略してそれぞれの単語の頭文字を組み合わせて「IWD」ともいいます。

身近に外国人の英語の話せる方がいらっしゃったら、「国際」と名のついている記念日ですし、英語で色々と女性問題について話されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ベトナムと中国の国際女性デー

ベトナムの「国際女性デー」

ベトナムではベトナム史上でもっとも強く有名なハイ バー チュン姉妹(Hai bà Trưng・2人のチュンという女性)の命日である旧暦で2月6日(新暦で3月上旬)を「女性の日」としています。

この姉妹がなぜ最強と言われているかといいますと、ベトナムの北部が中国の支配下だった1世紀に、このチュン姉妹は大きな反乱をおこして、わずか3年間ではありますが、中国の支配から脱したからです。

姉は自らを「王」と名乗っていたそうです。

この姉妹の功績は現在でも高く評価されています。

1975年にベトナム南北のが統一されると、この南ベトナムの「女性の日」はなくなりましたが、ちょうど同じ1975年に国連により「国際女性デー」が制定されたのと、南ベトナムの「女性の日」の日付が近かったことから、南部を中心に国際女性デーが広まっていきました。

国際女性デー当日のベトナムの様子

ベトナムでも男性から女性にプレゼントを贈ることは日常的に行われています。

そして、男性から女性にミモザを贈る日でもある、国際女性デーの3月8日のベトナムでは路上に花を売っている人たちがたくさん現れます。

売っているのは特にミモザ限定というわけではなさそうです。

ちなみに売っている人たちは学生さんがアルバイト感覚で自分で花を作って売っていることが多いのだそうです。

またカップケーキ店でも国際女性デーではカップケーキと花束のセットが売られたりしています。

中国の国際女性デーは「婦女節」と呼ばれています

国際女性デーである3月8日は中国政府が決めた祝日「婦女節」です。

この「婦女節」という日、中国では女性労働者が半日お休みになります。

中国では1950年3月8日には第1回国際婦人労働者デーの記念式典が行われ、それ以降、毎年3月8日は中国全土で記念式典が開催されており、その活動ができるようにと、女性労働者は半日休になったのです。

また、中国政府は素晴らしい活躍をした女性に対し3月8日に表彰をおこなっています。

まとめ

国際女性デーとは「女性の権利と世界平和を目指す日」であり、毎年3月8日には世界各地でイベントが行われています。

国際女性デーの起源はアメリカでの女性の選挙権獲得を求めた集会「女性デー」が起源になります。

また、政治云々といった堅苦しい側面だけでなく、3月8日はミモザの日とも呼ばれており、男性女性問わずに日ごろお世話になっている女性がいましたら、その女性にミモザの花束をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする