生きるを楽しく賢く

LIFELOG

宅配クリーニング

ニット(セーター)を乾燥機に入れても大丈夫?縮んだ場合の対処法!

投稿日:

ニット(セーター)を乾燥機に入れても大丈夫?縮んだ場合の対処法!

ふわふわ主婦
ふわふわ主婦
ニット(セーター)を乾燥機に入れて乾燥させても大丈夫なのだろうか?縮んだりしないだろうか?あと、もし縮んだ場合の対処法があったら知りたい。

こんな疑問をお持ちの方へ。

この記事では以下のことがわかります。

  • ニット(セーター)を乾燥機に入れても大丈夫か?
  • ニット(セーター)を乾燥機に入れて縮んだ場合の対処法

それでは早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク

ニット(セーター)を乾燥機に入れても大丈夫?

結論からお伝えすると、ニットは乾燥機に入れて乾燥させるのは基本的にNGになります。

理由としてはニットの生地としてよく使われる自然繊維のウール、化学繊維のアクリルなどが高温に適していないのです。

乾燥機は熱風を吹き当てて乾かしますので、熱に弱いウールやアクリルは痛んで縮んでしまいます。

最近では低温で乾燥できる乾燥機もありますが、乾燥中に濡れた状態のニットが擦りあわされる事になるので、これはこれで縮んでしまったり毛玉ができてしまったりする可能性があります。

ではニットは洗濯後、どのように乾かせばよいのか、次にお話させていただきます。

ニット(セーター)を乾燥させる方法(干し方)

ニットの干し方ですが、平干しにしましょう。

平干しとはハンガーなどに吊るして干すのではなく、その名の通り平らな場所に置いて干すことです。

理由はハンガーで干すと水を含んで重くなったニットはその重みで下にひっぱられ、伸びてしまうからです。

ですので、ニットを干すときは平干し用ネットを使って干すようにしましょう。

平干しネットは100円均一のお店でも売っており、ニット以外の洋服も干せますので購入しておくと便利です。

ニットの平干しのやり方ですが、ニットは裏返しにしたまま平干しネットに乗せて乾燥させましょう。

このとき、縮んだり型崩れしないように丁寧に形を整えておくことがポイントです。

また、直射日光に当てて乾かしたほうが早く乾くかもしれませんが、ニットは直射日光に当てて乾かすのはNGです。

日光による紫外線の影響で、ニット生地が傷んで変色する可能性があるからです。

ですので、ニットは風通しがよく日陰で干すようにしましょう。

スポンサーリンク

ニット(セーター)が縮んだ場合の対処法

うっかりニットを乾燥機で乾かしてしまい、ニットが縮んでしまった場合に、元に戻す方法も合わせてお話させていただきますね。

今回は2つご紹介させていただきますが、どちらも基本は「もう一度濡らしてから引っ張り、その状態で乾かす」形になります。

スチームアイロンを使ってニットの縮みを直す

それではスチームアイロンを使った縮んだニットの戻し方をご紹介いたします。

蒸気の水分と熱と利用した方法になります。

まずアイロン台にニットの縮んだ部分を乗せます。

この時に縮みをどれくらい伸ばしたいかもイメージしておくと良いでしょう。

そしたら縮みを伸ばしたい部分にスチームをあてましょう。

ここでの注意点としてはアイロンを直接ニットにくっつけないこと。

あくまでもアイロン自体でニットを伸ばすわけではなく、蒸気の水分と熱で伸ばすことを忘れないようにしましょう。

アイロンはニットから浮かした状態で、蒸気をたっぷりと含ませましょう。

蒸気の含ませ方が足りないとしっかりと伸びてくれません。

蒸気をたっぷりと含ませたら、上下左右にニットを伸ばしましょう。

強く引っ張りすぎると生地を痛めてしまいますので、優しくゆっくりと引っ張りましょう。

また、蒸気を含んだニットは熱くなっていますので、火傷にもご注意ください。

この方法を使い、少しずつニットを伸ばしていきましょう。

この作業を繰り返し行って、元のサイズに戻ったら完了です。

なお、ご自宅にスチームアイロンがなければ、霧吹きでたっぷりと湿らせてからアイロンの熱を加えてニットの縮みを伸ばす方法もあります。

このやり方の時の注意点としては、必ず当て布をしましょう。

当て布をしないとニットの生地を痛めてしまうので注意です。

トリートメントを使って縮んだニットを元に戻す方法

縮んだニットはなんと髪に使うトリートメントでも直すことができます。

具体的にはトリートメントに含まれている「ジメチコン」という成分の効果を利用するやり方になりますので、使うトリートメントの成分表示で「ジメチコン」が入っているかを確認してください。

それではやり方なのですが、まずはたらいの中でリンス液を作ります。

洗面器に1プッシュ程度の「ジメチコン」成分の含まれたリンスを入れて、少しのお湯で溶かしましょう。

この時にしっかりとリンスを溶かすのがポイントです。

しっかりと溶けたら、40度程度のお湯を入れて、湯量をニットがきちんとつかるくらいほどの高さにします。

そのリンス液の中にたたんだニットを入れ、リンス液がたっぷりとしみこませるようにしっかりとニットを入れましょう。

しっかりとリンス液をしみこませたら、ニットを取り出して軽く絞ります。

ニットには水分に弱い繊維が使われていますので、この作業はなるべく早く行うのがポイントです。

軽く絞ったをニットをタオルなどの上に置き、形を整えましょう。

ここできちんと形を整えておかないと型崩れする可能性があります。

あとは形を整えた状態で平干しを行い、乾いたら完了です。

もし乾いて確認してみても、ニットの縮みの戻りが不十分な場合は先ほどのスチームアイロンを使った方法も行ってみましょう。

スポンサーリンク

大切なニット(セーター)を縮ませたくない人は

ここまでお話させていただいたようにニットは非常に洗濯や乾燥が難しいデリケートな衣類になります。

ですので、洗濯から干すところまで、いくつもの注意点があり、面倒くさいと思われた方や、失敗したくないと思われた方もいるかと思います。

そんなときはプロであるクリーニングに出すのが一番かと思います。

もちろんご近所の信頼あるクリーニング店でもよいかと思いますが、おすすめなのが宅配クリーニングを利用することです。

宅配クリーニングはスマホで注文すれば宅配業者が家にクリーニング衣類を取りに来てくれるので、家から出ることなくクリーニングができるラクチンなサービスになります。

そんな宅配クリーニング業者50社を調査比較した私が、特におすすめなのが業界大手のリネットになります。

理由はリネットは業界大手の安心感に、現在クリーニング料金がお得になるキャンペーンをやっているからです。

かなりお得なキャンペーンなのですが、期間限定のキャンペーンですので気になる方はお早めに。

ちなみにそれ以外の宅配クリーニングサービスを見てみたいという人は下の記事にまとめてありますので、よろしければご覧になってください。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.