生きるを楽しく賢く

LIFELOG

バレンタインデー

【ヤバイ行事】韓国のブラックデーとは?日本では?食べ物やイエローデーについても!

更新日:

バレンタインの1ヵ月後の3月14日はホワイトデーなことは皆さんご存知ですよね。

ですが韓国はそれだけでなくブラックデーやイエローデーと呼ばれる記念日があるんです。

それは一体どんな行事なのでしょうか?

また、バレンタインデーはチョコ、ホワイトデーはキャンディーといった食べ物が出てきますが、ブラックデーやイエローデーの食べ物は一体なんだと思いますか?

実はこの2つの行事は色と食べ物が合っています!

それでは早速ご説明していきましょう!

スポンサーリンク

韓国のブラックデーとは?

韓国の4月14日はブラックデーと呼ばれています。

日本語に訳すと「黒い日」ですから、なにか恐ろしいことが起こる日のようなイメージですが、実際はどんな日なのでしょうか。

実は韓国のブラックデーとはバレンタインデーにチョコをもらえなかった男性や、ホワイトデーにお返しがもらえなかった女性が黒い服を着て、ジャージャー麺などの黒い食べ物を食べて慰めあうというイベントなのです。

韓国のバレンタインデーは日本より派手で、なんとチョコがたくさん入ったバスケットを華やかにラッピングして男性に渡すことが定番です。

逆にホワイトデーはお菓子やぬいぐるみをたくさんバスケットに詰めたものをお返しするのが定番となっており、ブラックデーはそんなホットな恋愛イベントに参加できない人たちのためにある特別な日となっております。

どうしてブラックデーなのかといいますと、諸説あるのですが、韓国語では「焦って、もどかしい」といった感情を「焦げる」「燃え尽きてしまう」と表現するのにかけて、心が焦げる、すなわち「黒くなる」といったところから「ブラック」デーとなったという説が有力なようです。

寂しいイベントに思う方もいらっしゃるようですが、もともとは男性のイベントでしたが、最近は女性にも広まり、彼氏がいない女性同士で集まったり、さらには合コンを開催して彼女・彼氏を作ろうとする人たちもあり、ブラックデーに参加する人たちはそれなりに楽しんでいるようです。

 

バレンタインデーに使える恥ずかしい英語メッセージはこちら!

韓国のイエローデーは何を食べる行事?

韓国ではホワイトデー、ブラックデーときて、今度はイエローデーと呼ばれる日もあります。

このイエローデーですが日にちとしてはブラックデーの一ヵ月後、5月14日になります。

ブラックデー、ホワイトデーで好きな人がいる人たちは盛り上がって、ブラックデーで恋人のいないフリーな人たちを慰めてこれ以上何をするのでしょうか。

実はイエローデーとはブラックデーにさらに恋人のいない人たちに追い討ちをかける厳しい日となっています。

具体的にはブラックデーを過ぎて、自分には恋人はいません、恋人募集中です、とアピールしてもそれでも恋人ができなかった男性は、このイエローデーとなる5月14日に黄色い服を着てカレーライスを食べないと恋人が出来ないそうなのです。

これはなんだか切ないですよね。

黒い服は着ている人はよく見かけますが、普段黄色い服を着ている人ってそんなにいないですよね。

ですので、街中で結構目立つかと思いますし、それでカレー屋さんに入っていくのを見かけたら、頑張れ、って思うことでしょう。

もちろん自分に恋人がいた時の話になるのですが。また、自分に恋人がいるにしろいないにしろ、5月14日にカレー屋の前を通る機会があったら絶対店内の様子が気になっちゃいますよね。

ちなみに黄色い服を着ていれば服にカレーがついても大丈夫なのでは、と思いましたが、そんなことはないですよね。

ちなみにイエローデーと聞いてカレーだと思った人はどれくらいいらっしゃいますでしょうか。

とうもろこしなどもありますが、イエローな食べ物と言えばやはりカレーですよね。

また、韓国の5月14日はイエローデーでもあるのとともに、ローズデーと呼ばれる日でもあります。

逆にこちらは5月14日までに付き合うようになったカップルがお互いにバラをプレゼントし合うイベントとなっています。

ですので、イエローデーの裏イベントはイエローデーとは反対にとてもラブラブなイベントとなっています。

ブラックデー、日本では?

これまでご説明させていただきました通り、韓国のヤバイ行事、ブラックデー。

日本ではブラックデーは広まってきているのでしょうか?

結論から言いますと日本では2019年時点においてブラックデーはほとんど浸透していないと思われます。

韓国のブラックデーは自虐的要素もあり、それをユーモアといいますかネタと考えれば、そして、出会いのひとつのイベントと考えれば、メディアを巻き込んでうまくプロモーションできれば日本でもひょっとしたらブラックデーが定着していくかもしれません。

日本のブラックデーは今後に期待ですね。

スポンサーリンク

韓国では毎月14日は恋愛の記念日

勘のよい人ならピンときているかもしれませんが、韓国では毎月14日は恋愛に関するイベントとなっています。

まず2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデー、そして今回ご紹介させていただきました4月14日はブラックデー、5月14日はイエローデーとローズデーになります。

ではそれ6月14日からご紹介していきたいと思います。

6月14日「キスデー」「ハンドキャッチデー」

日本では6月14日は「手羽先記念日」だそうです。

では韓国のこのキスデーやハンドキャッチデーとはどんな日なのでしょうか。

キスデーとはそんまんまですね。

キスの日で、恋人達は人前でおおっぴらにキスをしても良い日だそうです。

でもおおっぴらにキスをしても許されるとは言いますが、普通に考えて普段人前でキスをしていないカップル達には恥ずかしくて出来ない気がするのですがいかがでしょうか。

逆にこの恥ずかしさが刺激的に感じられれる日なのかもしれないですね。

また、一説ではローズデーにバラを贈った付き合いはじめのカップルがキスをする日とも言われています。

また、6月14日はハンドキャッチデーでもあって、恋人同士が手をつなぐ日でもあるようです。

こちらは普段でも街中を手をつないでいる仲良しカップルはよく見かけますから、まあ普通と言えば普通ですよね。

ですから、普段手をつながないような恥ずかしがり屋さんのカップルにはぜひこのハンドキャッチデーをきっかけに手をつなぐようになってほしいですよね。

 

バレンタインデーに本命彼にクッキーを渡してはいけない理由はこちら!

7月14日「シルバーデー」「リングデー」

韓国ではイエローデーがカレーを食べる日ならば、シルバーデーは何を食べる日なのでしょうか。

実はこのシルバーは食べ物ではなく、シルバーのプレゼントをする日なのです。

また、自分の彼女もしくは彼氏を先輩に紹介する日となっています。

シルバーデーの興味深いところは紹介された先輩がデートの費用をできるだけ出してあげる決まりになっていること。

個人的には紹介する側が費用を負担して、自分の彼女もしくは彼氏を紹介する形が妥当かなとは思うのですが、興味深いですね。

ちなみにこの先輩というのは、学校や職場の先輩だけでなく、両親も含まれています。

まあ、両親の場合だったら両親が負担するのはなんとなくわかるのですが、学校の先輩とかの場合は、腑に落ちない気がしてしまうのは私だけでしょうか。

でも、紹介したいと思える先輩というのは、私みたいに器の小さい人間ではなく、立派で尊敬できる人のことをなのだと思います。

また、7月14日はリングデーでもあり、こちらはペアリングをプレゼントする日となっています。

8月14日「グリーンデー」

これはなかなか良い日だと思います。

このグリーンデーのグリーンはきゅうりなども緑色の食べ物ではなく、森林のグリーンになります。

韓国のカップルの8月14日は蒸し暑い夏を避けて、涼しい避暑地に行って森林浴をする日なのです。

しかも避暑地を仲良く手を繋いで歩きながらです。

これは暑い夏のデートとしてはとても良いように私は感じました。

また、このグリーンデーはカップルだけの日ではなく、シングルの人もイベントがあり、何かと言いますと、暑い夏にグリーンの瓶に入ったソシュ(焼酎)を飲み、寂しい気持ちを慰めあう日でもあったりします。

普段はお酒を飲んでわーっと騒ぐタイプの人でも、彼氏彼女がいない人はこの日だけはしっぽりと飲むのでしょうか。

気になります。

 

詳しい韓国のヤバいバレンタインデー事情を知りたい方はこちら!

9月14日「フォトデー」「ミュージックデー」

フォトデーはカップルで郊外へピクニックに行く日になります。

もちろんこれではピクニックデーとなりますが、フォトデーですからピクニックで出かけた先で写真を取るのです。

秋ですから晴れの日なら気持ちよいピクニックができるかと思います。

素敵な日ですよね。

また、この日はミュージックデーでもあり、クラブなどのミュージックがかかっている場所で友達同士で集まり、彼氏や彼女を友達に紹介したり、恋人ののろけ話なんかをします。

とはいっても彼氏彼女のいない友人も参加が可能で、恋人の自慢話をされたりしているうちに、自然といつも以上に彼氏や彼女が欲しくなってくるものかと思います。

つまりこのミュージックデーに参加することで彼氏彼女を見つけ、お付き合いが始まることもあるようです。

スポンサーリンク

10月14日「コインデー」「ワインデー」

コインデーとワインデーは一文字しか違いませんが、それぞれ別のイベントとなっています。

まずはコインデーをご紹介させていただきますと、このコインデーとは100ウォンコイン(日本円で10円)をプレゼントする日となっています。

用意するコインは愛する数だけになります。そしてこの日にもらった100ウォンコインは1枚を除いて、その他の全部のコインを使い切ると愛が続くとも言われています。

ちなみにこの形で考えますと、恋人同士でお互いにコインを一枚ずつお互いにプレゼントしただけの場合、その一枚のコインをお互いに持っていれば愛は続くのですから、その形が恋愛的には一番よいのでは、と思います。

次にワインデーですが、こちらは恋人と一緒にワインを飲みながら、秋の素敵な時間を過ごすという日になっています。

8月のグリーンデー、9月のフォトデー、そして10月のワインデーを季節に合った恋愛に関するイベントになっていますね。

 

国によっては死刑!?海外のヤバいバレンタイン事情はこちら!

11月14日「ムービーデー&オレンジデー」「リップデー」

ムービーデー&オレンジデーは不思議なイベントです。

カップルや友達と一緒に映画を鑑賞して、オレンジジュースを飲む、という日になっています。

冬に映画デートをするのはわからなくはないのですが、なぜオレンジジュースを飲むのか。

この由来は謎となっています。

まあ、でも映画を見ながら飲み物は飲むでしょうから、いつもはコーラを飲んだりしている人も、この日だけは一緒にオレンジを飲んで、恋人同士で同じ行動をしてみると二人の関係が多少なりとも深まるのではないでしょうか。

また、この日はリップデーでもあり、彼氏が彼女に口紅を贈る日となっています。ただし、リップも色々なカラーがありますので、あらかじめ買う場合は男性はリップ選びはすごく難しいのではないかと思います。

12月14日「クリスマスデー」「ハグデー」「マネーデー」

クリスマスではありません。

このクリスマスデーはあと10日に迫ったカップル達の一大イベントクリスマスイブの10日前とあって、きたるクリスマスイブをどうやって過ごすかという計画を立てる日となっています。

ちなみにこの日は女性から男性にライターをプレゼントする日でもあります。

このライターに込められた意味ですが、なんと「あなたと一緒に熱い夜をすごしたい」という意味なのだそうです。

この意味を知っていれば、もらった男性側はきっとドキドキしちゃうのでしょうね。

ハグデーとは、恋人同士お互いにハグをする日となっています。

12月はもちろん寒いわけですから、ハグをしてお互いに温めあうのはよい事かと思います。

個人的には街中でハグしているカップルを見かけたら、こちらが恥ずかしくなってしまいそうですが。

そして、男性にとって恐ろしいマネーデー。

このマネーデーはどんなイベントかといいますと、年の最後の月となる12月に、今年一年間続いた記念に、彼氏の方が彼女に対して、マネーデーの名前の通り、お金をたくさん使ってサービスをするというものすごい日でもあります。

個人的にはクリスマスの直前に散財してどうするんだと思うのですが、韓国の男性にとってはクリスマスも含めて12月は出費がかさむ月であるという認識があるのかもしれませんね。

1月14日「ダイアリーデー」

年の初めとなる1月のダイアリーデーでは、その名の通り、ダイアリーをお互いにプレゼントする日です。

特に由来ではなく、個人的に思っただけではありますが、お互いに贈りあったダイアリーに今年も二人一緒の楽しいイベントがたくさん書き込まれていくといいですね。

 

ドバイ王室御用達のパッチチョコレート情報はこちら!

韓国では恋愛イベントがアツい!

これまで見てきたように韓国は日本よりも恋愛イベントがたくさんあります。

しかも毎月14日だけでなく、交際をスタートさせた日から100日であったり200日であったりする記念日をカップルごとにお祝いをしたりしています。

そのお祝いの方法も一緒にご飯に行くといっただけでなく、風船やキャンドルなどで一緒に過ごす部屋を飾ったり、花束をプレゼントしたり、さらには名前と写真に加え、愛のメッセージが入った垂れ幕を作ったりする人もいたりします。

もちろんお互い好き同士なわけですし、楽しいイベントをたくさん過ごせばよいとは思うのですが、お金がものすごくかかるのでは、と心配になってきますよね。

ですが、しっかりしたカップルなんかは、カップル通帳なるものを作ってその中でやりくりをしているカップルもいたりします。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.