生きるを楽しく賢く

LIFELOG

宅配クリーニング

喪服クリーニングで失敗しない4つのポイント【知らないと失敗します】

更新日:

喪服クリーニングで失敗しない4つのポイント【知らないと失敗します】

ふわふわ主婦
ふわふわ主婦
・1日だけしか着ていない喪服ってクリーニングに出したほうがいいのかな?
・喪服ってクリーニング料金がスーツの2倍かかるんだけど?
・喪服をクリーニングに出す時に失敗しないポイントは?
こんな疑問をお持ちの方へ。

この記事では以下のことがわかります。

  • 喪服をクリーニングに出す頻度やタイミング
  • 喪服のクリーニングがスーツより高い理由
  • 喪服をクリーニングに出す時の注意点

それでは早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク

ポイント1:喪服は毎回クリーニングに出すべきか?

喪服ってわずか1日しか着ていないし、特に食べ物をこぼしたりしていない場合、クリーニングの頻度は何回に1度クリーニングすべきなのでしょうか?

クリーニング代もかかるわけですし、クリーニングに出して、取りに行く手間や時間もかかるわけですしね。

実際に喪服そのものを見たところ汚れも全然ついていなかったりもします。

皆さん悩まれると思います。

そこで、結論から言いますと、喪服は着るたびに毎回クリーニングに出したほうが良いです。

なぜかと言いますと、目には見えなくても、数時間の着用で汗汚れや皮脂の汚れがついている可能性が高いからです。

また、喪服は次にいつ着るかわからないからです。

来週もまた喪服を着る予定があるのなら、その時にクリーニングに出せばよいと思いますが、喪服の場合は次に着る機会が数ヵ月後、数年後になる可能性も少なくはありません。

そういった場合、今回の着用時についた汗や皮脂などが、長期間の時間の経過と共に変色して染みになってしまうからです。

染みになるだけでなく、汗や皮脂が残っていると虫食いの原因にもなったりします。

次回取り出した際に染みができていたり、大きな虫食いが発生してしまっていたら、そもそもその喪服自体を恥ずかしくて切れなくなり、新しい喪服を買わないといけない可能性もあります。

これではクリーニング代をケチったことで、さらに大きな出費となり、本末転倒ですよね。

これらの理由により、喪服は着るたびにクリーニングに出し、きちんと汚れを落としてから保管することが長く綺麗に喪服を着続けられるコツになります。

他にもお線香のニオイがついたままクローゼットに収納すると、他の衣類にもお線香のニオイが移ってしまうといったりゆうなどからも、喪服は毎回クリーニングに出した方がよいでしょう。

スポンサーリンク

ポイント2:喪服のクリーニング料金の相場は?【お得情報あり】

喪服をクリーニングに出すと一体料金はいくらぐらいになるのでしょうか?

その相場をお伝えしたいと思います。

喪服クリーニング料金の相場は2000円程度の料金になります。

なお、喪服の生地によってはこれにプラスして、追加料金が発生する可能性があります。

お財布に余裕がある場合は、撥水加工オプションもお願いするのもおすすめです。

撥水加工することにより、雨や食べこぼし、さらには花粉などから衣類を守ってくれるようになるのでおすすめです。

なお、料金はお店によってばらつきがありますので、クリーニングに出す際にはきちんとお店に料金を確認するようにしましょう。

それにしても、喪服のクリーニング代金はスーツのクリーニング代金と比べ割高な気がしませんか?

お店によっては2倍くらいかかるクリーニング店もあるかと思います。

そこで次にスーツと喪服との違い、なぜクリーニング料金がスーツより高くなるのかについてお話させていただきます。

ちなみにこのスーツよりもクリーニング料金が割高の喪服をお得にクリーニングできる方法をご紹介させていただきます。

実は宅配クリーニングのリネットでは、現在、初回利用時のクリーニング料金がおトクになるキャンペーンを実施しています。

宅配クリーニングとはスマホで注文すると宅配業者がご自宅に衣類を受け取りに来てくれるので、わざわざ近所のクリーニング店に衣類を持っていかなくてもラクチンにクリーニングできる事から最近人気のサービスとなっています。

もちろんクリーニングが終わったら衣類を自宅まで届けてくれるので、家から一歩も出ることなくクリーニングが可能です。

その宅配クリーニング業界最大手のリネットでは、現在お得な料金でクリーニングできるキャンペーンおこなっていますので、気になる方は下のリンクをチェックしてみてください。

期間限定のキャンペーンですので、お見逃し無く。

喪服のクリーニング料金はスーツよりもなぜ高いのか?

それではどうして喪服のクリーニング料金はスーツよりも高いのかについてご説明させていただきます。

それはずばりスーツと喪服とのクリーニング方法が違うからです。

なぜかと言いますと、普通のスーツは仕事で日常的に着用するのに対し、喪服は体型が変わらない限り長く持ち続ける人が多く、長い間良い状態で着用できるようにと、高級品としてワンランク上のクリーニング方法でクリーニングをおこなってくれるからです。

例えばクリーニングの際に使う洗濯液は何度か使い回しをおこなっているのですが、喪服のクリーニングの際はスーツの時に使われる洗濯液よりも使用回数の少ない綺麗な洗濯液で洗ってもらえます。

また、アイロンについてもスーツは機械でプレスしていますが、喪服の場合は職人さんが素材や状態などを確認して一点一点手仕上げでアイロンをかけてくれます。

ほかにも通常はオプションとして追加料金となる撥水加工や防虫加工、折り目加工などが最初から料金に含まれていたりします。

これらの対応を行っておくと、次回着用時までにトラブルがおきにくくなりますよね。

ちなみに、お店によって喪服クリーニングの内容は異なりますので、事前に喪服クリーニングの際にはどのようなクリーニング方法になるのかを確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

喪服のレンタルは割高になります

たまにしか着ない喪服ですから、レンタルでも良いのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。

実際に葬儀社などで喪服のレンタルをしているところもあります。

喪服レンタルの際のレンタル料金は5000~10000円程度になります。

現在では手ごろな価格で喪服も購入できますので、レンタル代2、3回分で喪服は購入でき、長期間使用することなどを考慮するとレンタルはあまりおすすめできません。

また、訃報はいつ届くかわからないですし、それからレンタルできるところを探す手間などを考えますと、ご自宅に1着は喪服は保管しておいたほうがよいかと思います。

ポイント3:喪服クリーニングの仕上がり日数

喪服クリーニングは仕上がりまでにどれくらいの日数がかかるのでしょうか?

結論からお伝えしますと、2~7日程度かかります。

通常喪服のクリーニングは着用してからのクリーニングとなりますので、7日程度かかっても特段問題ありません。

ですが、訃報が届き、着用しようとクローゼットから喪服を久しぶりに出してみたら汚れていて、すぐにでもクリーニングをしてもらいたいなど、急いでいる時には翌日仕上がりや朝10時に出して18時には仕上げてくれる店舗もありますので、そういったクリーニング店に依頼するとよいでしょう。

ポイント4:喪服をクリーニングに出す時の注意

喪服をクリーニングに出す際に押さえておくべき注意点が3点あります。

ちょっとしたことですが、この点を押さえておくことでクリーニングの満足度は大きく変わります。

注意点1:喪服を上下セットでクリーニングに出すこと

人によってはジャケットが汚れたのでジャケットだけをクリーニングに出したり、またズボンだけを出したりする人がいらっしゃいます。

喪服の特徴としては漆黒の濃い黒である点が重要だと思うのですが、クリーニングを行う際に、洗浄や乾燥などの工程でこの濃い黒が少しずつ変化する可能性があるのです。

そのため、例えばジャケットだけクリーニングに出していると、いつしか上下の黒の感じに差異が発生し、着用時に違和感が発生してしまう可能性がありますので、喪服をクリーニングする時には上下セットで出すようにしましょう。

スポンサーリンク

注意点2:痛みや染み汚れなどをお店に伝えましょう

喪服に限らないことではあるのですが、クリーニングに出す前に、依頼する服の痛みや染み汚れなどを自分でチェックし、注文するときにお店側にきちんと伝えるようにしましょう。

もちろんお店側もプロですから、クリーニングをする前に衣類の状態をチェックした上でクリーニングをおこなってくれるはずですが、プロとはいえ人ですから見落とす可能性もゼロとはいえません。

例えばボタンがなくなってしまったなど、何かあったときにお店の人を怒れば元に戻るかといえばそうではありませんので、きちんとご自身でクリーニング前にチェックをして、このボタンが取れかけている、こことここに染みがある、この染みはお醤油をこぼしてしまった等を自分でも把握し、お店に伝えることで満足度の高いクリーニングをおこなうことができるでしょう。

ちなみにクリーニング店によっては染み抜きとして別途料金が発生して、受け取りに行ったときに思っていた料金よりも高い金額を請求されてしまうこともありますので、注文時に染み抜きなどについても確認しておくとよいでしょう。

もちろんクリーニングから戻ってきた衣類は、きちんと依頼どおり汚れが落ちているかなどを確認するようにしましょう。

そしてこの確認はすぐに行い、注文とは異なる部分があったらすぐにお店側に伝えましょう。

時間が経ってしまうと、その汚れや痛みがクリーニングによってのものなのか、時間経過によって発生してしまったものなのかがわからなくなってしまうためです。

注意点3:ポケットの中身を空にしましょう

喪服のポケットにティッシュやボールペンなどが入っていないかを確認し、入っていた場合はきちんと取り出してポケットの中身は空にしてクリーニングに出しましょう。

お店側でもチェックするのですが、人が行うことなので100パーセント完璧とはいえませんので、後で大変なことにならないようにクリーニング前に自分でポケットの中身をチェックするのも忘れずに行っておきましょう。

スポンサーリンク

喪服を自宅で洗う方法

喪服はご自宅での洗濯は難しく、基本的にはクリーニングに出す必要があるのですが、最近はウォッシャブルなご自宅でも洗濯可能な喪服もあります。

洗濯表示をご確認いただいて、水洗い可能という表示がついていれば、ご自宅で洗濯が可能です。

洗濯絵表示

引用:コジカジ

もちろんご自宅で洗濯可能とはいっても、洗濯を失敗して型崩れなどが起きてしまい着れなくなってしまう可能性がありますので、自己責任で行うようにしてください。

失敗したくない場合はプロであるクリーニング店にお任せする方がよいでしょう。

ご自宅での喪服の洗濯方法(手洗いする場合)

ワイシャツクリーニングの工程

  1. 桶や洗面台に水を入れ、おしゃれ着用の洗剤を溶かし手で押し洗いします。
  2. 脱水は洗濯機で1番弱いコースで1分間脱水を行います。
  3. 桶や洗面台に水を入れ、手洗いですすぎます(お好みで柔軟剤を入れるのも良いでしょう)
  4. もう一度仕上げとして、洗濯機で1番弱いコースで1分間脱水を行います。
  5. しっかりとしたハンガーにかけ、シワや型崩れが発生しないように形を整えて、陰干しをしましょう。

ご自宅での喪服の洗濯方法(洗濯機でする場合)

ワイシャツクリーニングの工程

  1. 洗濯機で行いたい場合は、ボタンなどをきちんと閉め、形を整えて洗濯ネットに入れてから、手洗いコースなどの喪服を痛めない優しいコースで洗ってください。とはいえ、優しいコースでも洗濯機ですと喪服に強い力がかかってしまいますので、手洗いをおすすめします。
  2. しっかりとしたハンガーにかけ、シワや型崩れが発生しないように形を整えて、陰干しをしましょう。

喪服のご自宅でのアイロン方法

喪服が乾いたらアイロンがけをおこないましょう。

ここでのポイントはなんといっても、喪服に「テカリ」を発生させないこと。

テカリはマナー違反となり、喪服が着れなくなってしまいますので細心の注意を払うようにしましょう。

テカリを出さないようにするには、当て布をしてアイロンをすることです。

ただし、当て布をしていても高温でアイロンがけをしてしまったり、アイロンの時間をかけすぎてしまうと、縮みやテカリが発生する可能性がありますので注意しましょう。

また、ズボンはアイロンのスチームによってプレスされている線が取れてしまう可能性もありますので、気をつけましょう。

スポンサーリンク

喪服の自宅でのケア

喪服はケアも重要です。

遠方の親戚で泊りがけとなることもあるでしょう。

ホテルなどに戻ってきて、喪服を脱いでそのまま放置しておくと、場合によってはシワがついて、そのシワが取れなくなってしまう、などどいった事態もおこりかねません。

そこで喪服を脱いだら、喪服をケアするようにするとよいでしょう。

まずケアの基本ですが、まず脱ぎっぱなしにせずにハンガーにきちんとかけましょう。

当たり前と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れない場で疲れてしまって、ハンガーにかけるのすら面倒になって、ちょっとの時間だからと喪服を床においてしまう方も結構いらっしゃるのかと思いお伝えさせていただきました。

次に、ブラッシングをしましょう。

汚れていないと思っていても着用した喪服は結構汚れているものです。

ブラッシングすることでホコリや食べかすを落とすことが出来ます。

また、ブラッシングすることで、着用により力が加わりつぶれてしまった繊維を立ち上がらせる効果もあります。

あとは日陰で風通しの良い場所に吊るしておくようにしましょう。

日光に当たる場所において置くと場合によっては変色してしまう可能性もありますのでお気をつけください。

喪服の保管方法

喪服の保管方法

クリーニングが終わったらきちんと保管しましょう。

保管の仕方が良くないと、せっかくクリーニングまでした喪服が下手な保管方法のためにカビが生えたり、虫食いが発生する可能性もでてきます。

保管方法ですが、まずクリーニングから戻ってきたら、ビニールがかぶさっているかと思います。

人によっては喪服にホコリなどがつかないようにと、そのままビニールがついたまま保管してしまう人がいます。

ですが、ビニールをついたままにするのは実はこれはよくありません。

ビニールがかぶさっていると通気性が悪く、ビニールの中で湿気がたまってしまいカビが発生する可能性が高まります。

ですので、クリーニング店のビニールは取るようにしましょう。

ちなみに、通気性の良いカバーをお持ちでしたら、そういったカバーを喪服にかけるようにしましょう。

喪服をホコリから守ってくれます。

また、クリーニング店の細いハンガーから、しっかりしたハンガーにかけかえましょう。

細いハンガーですと型崩れが発生する可能性があります。

喪服からビニールを取り、しっかりとしたハンガーにかけたら、クローゼットなどにしまいましょう。

ただしクローゼットの環境がよくないと、こちらもカビや虫食いの可能性を高めますので、きちんと除湿材や防虫剤を設置するようにしましょう。

除湿材や防虫剤は有効期限がありますので、期限がきたら取り替えることも大切です。

そして、換気も大事ですので、晴れた日などにクローゼットの扉を開けてクローゼット内の空気を入れ替えるようにしましょう。

あと大切なのが、クローゼット内を衣類でギュウギュウの状態にしないことです。

衣類同士の隙間がなく通気性が悪いとせっかくの除湿材や防虫剤の意味がなくなってしまいます。

もちろん直射日光はもちろん、蛍光灯にも長時間あてるのも色あせの原因になりますので、気をつけましょう。

喪服をクリーニングする時のおすすめのクリーニング店【お得情報つき】

喪服は一度着ただけで目に見えない汚れがつき、長期保管によってその汚れが酸化して黄ばみを発生させたり、虫食いなどを発生させてしまう可能性があるので、毎回クリーニングに出した方が良いことはご理解いただけたかと思います。

でもいざ喪服をクリーニングに出すのは面倒だな、と思われた方も多いかもしれません。

喪服一式ですとそれなりに重く、ご家族全員となりますと余計重くて、わざわざ近所のクリーニング店に持って行くのは大変ですもんね。

そんな方は宅配クリーニングがラクチンで良いかと思います。

宅配クリーニングというのは、家から一歩も出ることなくクリーニングができるサービスです。

スマホで注文すると宅配業者が家までクリーニングに出す衣類を取りに来てくれるので、玄関先で渡すだけでOKです。

そして、クリーニングが完了したら今度は家まで衣類を届けてくれるので、これまた玄関で受け取るだけでOKなんです。

ラクチンですよね。

もし宅配クリーニングが気になるようでしたら、たったの2ステップであなたに合う宅配クリーニング会社が見つけられる記事を書きましたので、下のリンクからチェックしていただければと思います。

最後にとっておきのお得情報をお伝えします。

そのラクチンな宅配クリーニングの中で、最大手のリネットでは現在、初回ご利用の方がお得なクリーニング料金でクリーニングできるキャンペーンを実施しています。

気になる方は下にリンクからチェックしてみてください。

期間限定のキャンペーンですので、終了する前に一度チェックされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.