おはぎとぼたもちの違いは?夜船や北窓とも呼ぶ?作り方もご紹介!

おはぎとぼたもち

おはぎとぼたもちの違いは何なのでしょうか?

見た目的には似ていますよね!

米粒の大きさやお米が餅状になっているものとで呼び方が変わっていたりするのでしょうか?

それとも地域によって変わるのでしょうか?

また、おはぎとぼたもち以外にもなんと「夜船(よふね)」「北窓(きたまど)」という別の呼び方があったりするのです!

船とか窓とかイメージがかけ離れていてピンと来ない方も多いのではないでしょうか。

ほかにも、似たような食べ物に「あんころもち」というものもあるかと思いますので、その違いは何なのかについてもご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

おはぎ、ぼたもち、あんころもちの違い

牡丹

牡丹の花

おはぎとぼたもちの違いは?

結論からいいますと「おはぎ」と「ぼたもち」は同じものです。

では何によって呼び名が変わるのかといいますと、食べる季節によって呼び方が変わるのです。

ぼたもちを漢字で書くと「牡丹餅」、おはぎを漢字で書くと「お萩」となります。

漢字を見て勘のよい方なら気づいたかもしれません。

つまりぼたもちは牡丹が咲く季節、春のお彼岸に食べたり、お供えしたりする食べ物になります。

小豆の粒を春のお彼岸の時期に咲く牡丹に見立てて、ぼたもち、と呼ぶようになったのです。

一方、おはぎはと言いますと萩の季節である秋のお彼岸に食べたり、お供えしたりする食べ物になります。

この辺の日本人の感性って素敵ですよね。

牡丹を供える、萩を供える、という方が絵になりますもんね。

ここまでのご説明を踏まえますと、春と秋で名前を使い分けないといけない、ということになってくると思いますが、現在お店では一年中「おはぎ」と統一した名前としていることが多いようです。

ですので、春のお彼岸に牡丹餅を買いにお店に行った場合、おはぎを買って帰れば問題ないことになります。

なぜ「牡丹餅」だけ「お餅」扱いなの?

ぼたもちは「餅」となっていますが、おはぎの中には「餅」という言葉が入っておらず、お米の粒が餅状になっているのが「ぼたもち」、お米の粒の形状が残っているものを「おはぎ」と呼ぶと思っていらっしゃる方もいるのかと思います。

ですが、先ほどお伝えしたようにぼたもちとおはぎは同じもので、季節によって呼び名が変わるということでした。

ではなぜぼたもちは「餅」なのかといいますと、その由来は江戸時代中期に編纂された百科事典「和漢三才図会(わかんさんさいずえ)」の中に「牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく」という文章があり、ここから牡丹餅が「ぼたもち」になり、萩をていねいに呼び「お」をつけて「おはぎ」になったという説が一般的なようです。

「あんころもち」と「おはぎ」「ぼたもち」との違いは?

あんころもち

あんころもち

ではおはぎとぼたもちに似た食べ物として「あんころもち」があると思いますが、その違いは何なのでしょうか?

では今回もあんころもちを漢字で表記するとしましょう。

あんころもちを漢字で書くと「餡衣餅」となり、「あんころももち」が転じて「あんころもち」となりました。

あんころももちは外側を餡でくるんだお餅のことになります。

ですので、おはぎもぼたもちも餡でくるみますので、あんころもちの一種とも言えます。

ですが、通常あんころもちは米の粒が無くなるまで完全につぶした状態、すなわち「お餅」の状態の食べ物で、おはぎやぼたもちは米粒がまだ残っている状態の食べ物ですから、恐ろしい別名があります。

それはあんころもちのことを「皆殺し」や「全殺し」と呼び、おはぎやぼたもちのことを「半殺し」と呼んだりもします。

イメージ的にはわかりやすい言葉なのかもしれませんが、恐ろしい呼び方なので私的には使いたくはないのですが、通ぶりたい方や話のネタとしてこれらの言葉を使ってみるのも良いかもしれません。

もちろん使う相手との関係性を踏まえて、大丈夫な人だけにしてくださいね。

スポンサーリンク

「夜船(よふね)」「北窓(きたまど)」という呼び名も

夜船

夜の船

この辺の食べ物は色々な呼び方があり、「夜船(よふね)」「北窓(きたまど)」という呼び名もあったりします。

「船」とか「窓」とかおはぎやぼたもちにまったく関係ない言葉のように思えますが、ではなぜ「夜船」「北窓」と呼ぶようになったのかをご説明いたしますね。

夏のおはぎやぼたもちは「夜船(よふね)」

では夜船を説明するために、まずはおはぎやぼたもちの作り方のご説明が必要になってきます。

おはぎやぼたもちの作り方は、もち米とお米を混ぜて炊きます。

そして、すりこぎで半つぶしにして作ります。

つまり餅とは異なり、餅つきを行わないのです。

言い換えると杵でつくことがないので、いわゆる「ぺったん、ぺったん」という杵でつく音を出すことなく作れちゃうのです。

そんなわけで、お隣さん等では、杵でつくぺったんぺったんという音がしないので、いつ杵でついたのかがわかりませんよね(まあ、そもそも杵でついてはいないのですが)。

そこから、「搗(つ)き知らず」が転じて「着き知らず」となります、そこからさらに発展させて、夜は暗くて船がいつ着いたのかわからないということから「夜船」と呼ぶようになったようです。

ですので、なぜ夏なのかまではわからなかったのですが、夏はおはぎやぼたもちのことを「夜船」と呼びます。

風流なようにも感じますが、実際に「今日、夜船食べたよ!」と言われて、船を食べる所をイメージしますとなんか滑稽ですよね。

冬のおはぎやぼたもちは「北窓(きたまど)」

ではおはぎやぼたもちのことを「北窓」と呼ぶようになったのはどういうところからなのでしょうか?

北窓も先ほどの夜船と同様になかなかレベルが高いです。

夜船の「搗(つ)き知らず」のところの流れまではいっしょです。

ではここから「搗(つ)き知らず」がどのようになったかといいますと「月知らず」に転じます。

月が見えない、というところからどう発展したかと言いますと、北の窓からは月が見えない、となりまして「北窓」となったようです。

というわけで、なぜ冬なのかという理由まではわかりませんでしたが、冬はおはぎやぼたもちのことを「北窓」と呼びます。

これも実際に使うと楽しいかもしれません。

「昨日、北窓を食べたんだ~」とおはぎやぼたもちのこの別名を知らない友人なんかに言うと「窓食べたの?」ということになって面白いかもしれません。

冬、インスタグラムにおはぎの写真をあげる際に、「北窓」という言葉を添えるなんていう楽しみ方も良いかもしれません。

スポンサーリンク

お彼岸のおはぎやぼたもちの歴史や由来

おはぎ・あんころもち

おはぎ・ぼたもち

そもそもどうしてお彼岸におはぎやぼたもちを食べたりお供えしたりするようになったのでしょうか。

その由来は小豆にあります。

小豆の赤い色には、災厄が身にふりかからないようにするという効果があると信じられており、邪気をはらう食べ物としての古くから信仰が、祖先の供養と結びついたといわれております。

また仏教的に彼岸というのは、苦しみに満ちている此岸と対になり、悟りの境地であり、極楽浄土の事をいいます。

ですので、お彼岸の期間は普段は仏道修行を行っていない人でも、煩悩をはらい、悟りの境地に達することができるように仏道修行を積む期間になるのですが、これと祖霊崇拝の慣習とが合わさり、ご先祖様の供養をし、自らの功徳を積むために、おはぎやぼたもちをお供えしていました。

さらには、春のお彼岸は農作業を開始する時期で、秋のお彼岸は収穫の時期になります。

ですので、春には収穫をもたらすといわれている山の神を迎えるためにぼたもちをお供えし、秋には収穫の感謝の意味を込めておはぎをお供えしたともいわれています。

いくつかの要素が由来となり、お彼岸にはぼたもちやおはぎをお供えしたり、食べるようになったんですね。

歴史的にいいますと、お彼岸にぼたもちやおはぎを食べるようになったのかといいますと、江戸時代になります。

江戸時代に、お彼岸であったり、四十九日の忌明けにぼたもちやおはぎを食べる風習が一般的になったようです。

おはぎやぼたもちの作り方

おはぎやぼたもちの作り方をご存知でしょうか?

あの絶妙なご飯の粒具合はどうやって作ればよいのでしょうか?

また、あんこの作り方も意外と知っている方は少ないかと思います。

そこで、今回はおはぎやぼたもちの作り方を丁寧に解説した動画を掲載しておきますので、ぜひ動画を参考にして作られてみてはいかがでしょうか?

まとめ

というわけで、ここまでご説明させていただきましたように、おはぎとぼたもちは同じものです。

ですが、季節によって呼び方が異なり、春は「ぼたもち」、夏は「夜船」、秋は「おはぎ」、冬は「北窓」になります。

こういった季節による呼び方が変わるのって、面白いですよね。

また「夜船」や「北窓」という呼び方を初めて知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

言葉遊びと言いますか、ユーモアがあり、「夜船」なんて風情がイメージされて素敵な言葉ですよね。

ですので、よろしければ今後、「夜船」や「北窓」という呼び方を実際に使ってみてはいかがでしょうか。

使う相手は選ぶ必要があると思いますが、例えば「夜船10個買ってきたから、みんなで食べよう!」など面白い文になると思いますし、話のネタになるのかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする