生きるを楽しく賢く

LIFELOG

宅配クリーニング

ポリエステルの洗濯方法【生地素材の特徴、アイロンがけ、しわ対策】

投稿日:

ポリエステルの洗濯方法【生地素材の特徴、アイロンがけ、しわ対策】

ふわふわ主婦
ふわふわ主婦
・ポリエステルの服って洗濯したら縮んだりしないのかな?正しい洗濯方法が知りたい。
・ワイシャツとかポリエステルの服の黒ずみが気になる。綺麗にしたい。

こんなお悩みをお持ちの方へ。

この記事では以下のことがわかります。

  • ポリエステルの服の正しい洗濯方法
  • ポリエステルの服の黒ずみの解消方法

それでは早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク

ポリエステル生地素材の特徴【洗濯を失敗しないためにはこの部分の理解が大切です】

ワイシャツや学生服のシャツ、ジャージ、スカートなど色々な衣類に使われているポリエステル。

そのためポリエステル素材の洋服を洗濯する機会はたくさんあると思います。

そこでポリエステルにはどんな特徴があるのか、これからメリット・デメリットをお伝えします。

特徴を理解すれば、デメリットを洗濯時に回避できるたりしますので、まずはこの部分をきちんと理解することが大切です。

ポリエステル生地素材の特徴1【美しい光沢がある】

ポリエステルは美しい光沢のある合成繊維です。

ワイシャツのサラッとした感じを思い出していただければイメージはつかめるのかなと思います。

また、プリーツ加工しやすく、女子の制服のスカートのプリーツ加工(折り目)なんかは、ポリエステルを使っていることで綺麗にぴしっとした形でできているのです。

ポリエステル生地素材の特徴2【シワになりにくくアイロンがけ不要。汗をかいても乾きやすい】

アイロンがけって結構面倒くさいですよね。

なんとポリエステルはシワになりにくいため、アイロンがいらないのです。

そもそも洗濯してもシワになりにくいため、ハンガーにかけて干すだけでシワが伸びます。

しかも速乾性があり、洗濯するのがすごく楽な繊維になっています。

ジャージなんかを思い出していただければと思いますが、洗濯してもシワはほとんどつかないですもんね。

しかも速乾性があるため、スポーツをして汗をかいても乾きやすく、ジャージはポリエステルの良いところをうまく使った機能的な衣類になります。

ポリエステル生地素材の特徴3【縮みにくく、熱に強い】

ウール素材の洋服なんかは洗濯するととても縮みやすく、洗濯が非常に面倒な素材で、色々な部分に気をつけて洗濯する必要があります。

ですがポリエステルは洗濯しても縮みにくいため、洗濯してもすぐに元のさらっとした状態に戻り、非常に洗濯がカンタンな素材です。

また、アイロンがけの時や乾燥機にかけている時など、洗濯時は何かと熱の負担がかかるもの。

ポリエステルは天然繊維や他の合成繊維に比べ熱に強いという特徴も持っています。

ポリエステル生地素材の特徴4【黒ずみができやすい】

ポリエステル生地素材の特徴4【黒ずみができやすい】

引用元:スッキリ・キレイ整活

ポリエステルはとても優秀な繊維ではあるのですが、デメリットもあります。

そのひとつは綿に比べると黒ずみができやすいこと。

ワイシャツやブラウスを思い出していただけるとご理解できると思うのですが、襟部分が黒くなりやすくありませんか。

これはポリエステルを使用しているからです。

黒ずみを落とすための方法は後ほどご説明させていただきますね。

ポリエステル生地素材の特徴5【静電気がおきやすく、毛玉ができやすい】

ほかにも静電気がおきやすいです。

ポリエステル繊維が入ったニットとかは特にそうですね。

また、毛玉ができやすいという特徴もポリエステルは持っています。

静電気も毛玉も洗濯時のちょっとした工夫で対策ができます。

ことらも後ほどご説明させていただきますね。

ポリエステルと綿の違い

比べられやすいポリエステルと綿との違いも簡単にご説明させていただきますね。

ポリエステルは綿に比べるとシワになりにくく、安価な素材です。

また、綿は洗濯をすると縮んでしまいますが、ポリエステルは縮まないので、ポリエステルの方が洗濯はカンタンです。

ですが、綿の方が優れている点と言えば、綿の方が手触りがサラッとしており、汗も吸いやすく、静電気もおきにくいです。

繊維それぞれには良い点と悪い点があるものです。

特徴を知り、上手に取り扱って、快適にオシャレを楽しみましょう。

スポンサーリンク

ポリエステル生地素材の服を洗濯する前のチェック、処理【洗濯を失敗しないために】

ポリエステルを洗濯する前に確認すべきことがあります。

洋服によってはそもそも家庭で洗濯できない場合なんかもあり、洗濯を失敗しないためにとても大切なことになります。

洗濯絵表示で選択可能かチェック

ポリエステルはとても洗濯がしやすい素材であることを先ほどお話させていただいたのですが、ポリエステル100%の洋服であっても、家庭で洗濯できない可能性もあります。

縫製や生地のつくり方などが衣類によって異なるからです。

では確認方法ですが、選択絵表示を確認しましょう。

洋服の襟元やわき腹の辺りによくついているペロッとしたタグのことです。

具体的には下記の表示のありなしで判断が可能です。

洗濯絵表示

引用:コジカジ

ポリエステル100%の洋服であれば大体は家庭での洗濯は可能かと思いますが、いかがでしたでしょうか。

洗濯可能な場合は洗濯絵表示の「洗濯機洗い」「手洗い」に合わせて洗濯を行いましょう。

もし洗濯不可の場合は「こちら」をお読みください。

色落ちテストをしよう

色柄物の洋服は洗濯によって色落ちしてしまう可能性があります。

汚れは綺麗になったけど、色が落ちて今までと洋服の色味が変わってしまった。

こんな悲しい状況を避けるためにも色落ちテストは面倒でもおこないましょう。

特にポリエステル100%の洋服は色落ちがしやすいです。色落ちテスト自体はすごく簡単です。

色落ちテスト

  1. 洋服の目立たない部分の洗濯で使う洗剤の原液を少しだけつける
  2. 数分待って、洗剤をつけた部分をティッシュをあて、色が落ちていないかを確認する

ティッシュに色がついていたら、色落ちする可能性が高いため、家庭での洗濯はあきらめましょう。

色落ちしてしまった場合は「こちら」をご覧ください。

汚れがひどい部分は前処理で染み抜きをしましょう

トマトソースなどの食べ物の染みなどがある場合は、汚れを事前にとってから洗濯をするのがコツです。

襟や袖口なども汗染みや黄ばみなどが気になるようでしたら、事前の染み抜きをおこないましょう。

染みの部分は洗濯だけでは落としきれない可能性が高く、染み抜きを行うことで満足のいく洗濯が可能となってきます。

まずは水で洗い流してそれでも染みが落ちない場合は、弱アルカリ洗剤で浸けおきしたり、液体洗剤を染みに直接塗ったりします。

汚れが強い場合は歯ブラシなんかで軽く擦ったりもします。

染み抜きは汚れの種類によって、やり方が変わってきます。

やり方を間違うと染みは落ちないどころか、さらに状況を悪化させてしまう可能性があります。

以下の記事に詳しい染み抜きの方法をまとめましたので、失敗したくない人はこちらをお読みください。

スポンサーリンク

ポリエステル生地素材の服の洗濯方法とコツ

それではポリエステルの衣類の具体的な洗濯方法をご紹介いたします。

先ほど確認した洗濯絵表示に合わせて、洗濯機洗いと手洗いとを行ってくださいね。

洗濯機で洗う場合

ポリエステル生地の洋服を洗濯機で洗う場合の方法をご紹介いたします。

用意するもの
・洗濯用のネット
・弱アルカリ性洗剤
・柔軟剤
・塩素系漂白剤(汚れや黄ばみが気になる場合)

洗濯の手順

  1. ボタンやファスナー等をきちんと締め、洗濯用のネットに衣類を入れる。ここでのポイントは衣類の大きさに合った洗濯ネットに入れること。洗濯ネットが大きすぎると、洗濯中にネットの中で衣類が動いてしまうため、しわができたり、毛玉が出来たりすることがあるので注意。
  2. オシャレ着用の弱アルカリ性洗剤と柔軟剤とを入れ、洗濯絵表示に合った洗濯コースで洗濯。汚れや黄ばみが気になるようなら酸素系漂白剤を入れる。洗濯時のコツはいくつかあり、まず静電気予防のため柔軟剤を入れること。次にポリエステルは汚れをためやすい性質があり、汚れがひどい衣類と洗うとその汚れがついてしまう、いわゆる「逆汚染」を防ぐために、汚れがひどいものと一緒に洗わず、水の量は多めで洗濯すること。そして、しわを防ぐため、脱水時間は30秒~1分で止めること。ポリエステルは乾きやすいため、それくらいの時間で十分です。

ポリウレタン混紡などの洋服は乾燥機はNG!

ポリエステル生地の中にはポリウレタン混紡の衣類があったりします。

先ほどポリエステルは熱に強いとご紹介いたしましたが、ポリウレタンは高温に弱く、乾燥機にはかけないようにしましょう。

手洗いの場合

ポリエステル生地の手洗いの方法をご紹介いたします。

洗濯絵表示で手洗いと書かれていたものだけでなく、洗濯機での洗いが可能な洋服であっても、やはり洗濯機ですと強い力が衣類に負担となりますので、特に大切にしたい洋服の場合には手洗いをおすすめいたします。

用意するもの
・洗面器
・オシャレ着用中性洗剤
・柔軟剤

洗濯の手順

  1. 30度前後のぬるま湯にオシャレ着用の中性洗剤を入れて、洗浄液を作る
  2. たたんだ衣類を洗浄液の中に入れ、手のひらで押したり離したりして、優しく押し洗いをする。ここでのコツは汚れがより落ちやすくなるんじゃないかと、ゴシゴシと力を入れてこすり洗いをしないこと。こすり洗いをすると毛玉が出来てしまう可能性があります。
  3. 洗面器の中に綺麗な水を入れ、すすぎます。2~3回すすいで、最後のすすぎの時に柔軟剤を入れましょう。そうすると、仕上がりが良くなり、さらには静電気も防止できるようになります。

ポリエステルの混紡製品の場合【洗い方、アイロン、干し方まで】

洗濯絵表示が家庭で洗濯可能となっている場合でも、ポリエステルと他の素材とが混じった混紡製品の場合は注意が必要です。

まずマウンテンパーカやトレンチコートなどの綿とポリエステルの混紡製品の場合は基本的に手洗いしましょう。

しわが出来やすくなるので、しわが目立つようなら当て布をして、低温設定でアイロンをかけてしわを伸ばしましょう。

また、ダッフルコートやピーコートなどのウールとポリエステルの混紡製品の場合も基本的に手洗いをしましょう。

ウールはとても縮みやすく、手洗いするときは裏返しにしてすばやく洗いましょう。

干す場合も注意が必要で、変色を避けるために陰干しするようにしましょう。

ちなみに、高価なコートの場合などで、洗濯を失敗したくない人は「こちら」をお読みいただければと思います。

スポンサーリンク

ポリエステル生地素材の服の干し方

ポリエステル衣類の干し方ですが、脱水後は、全体にシワを伸ばしながら、形を整える感じにして干しましょう。

シャツの場合などはハンガーにかけて干せばよいのですが、肩にハンガー跡をつけたくない場合は平干しがおすすめです。

100均のお店でも売っており、あると便利です。

また、変色をふせぐためにも直射日光は避け、風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

部屋干しの場合は扇風機の風を当てるのがおすすめ。

ポリエステルは水をほとんど吸わないため、扇風機を使うと早く乾きますし、生乾きを防ぐことができます。

洗濯したらポリエステル生地素材の服がしわだらけになった場合

基本的にポリエステルの服はしわになりにくい特徴をもっています。

ですが、正しい洗濯ができないとしわができてしまう可能性があります。

洗濯後にポリエステル生地素材の服にしわがつく原因

熱いお湯で洗うなど、熱によるもの

熱に強いポリエステルではありますが、あくまでも他の合成繊維と比べた場合の特徴です。

ですので、汚れがより落ちるのではないかというイメージなどにより、熱いお湯で洗うのはやめましょう。

高音によって繊維が縮んでしわになる可能性があります。

また、高温になる乾燥機に長い時間入れるのもやめましょう。

きちんと汚れを落としたい場合は30度くらいのぬるま湯で手洗いするのがおすすめ。

洗剤が素材の隅々までいきわたる事によって汚れが落ちやすくなります。

洗濯後の放置によるもの【臭いも発生します】

洗濯後に洗濯機の中やカゴなどに入れたまま放置してしまうと、しわになりやすいです。

確かに洗濯が終わるまでということで、別の作業を始めたら、その作業に没頭してしまって、洗濯している事を忘れてしまう場合がありますよね。

ですが、長時間の放置はシワになりやすいので忘れないように心がけましょう。

せっかく洗濯したのにシワができてしまっては悲しいですもんね。

また、長時間の放置は臭いの原因にもなりますので、脱水後はすみやかに干すようにしましょう。

洗濯後にできたポリエステル生地素材の服のしわをアイロンなどで取る方法

基本的にはシワをつくらない取り扱いが大切ですが、しわが出来た場合の対策をお伝えいたします。

しわを伸ばすには中温以下のアイロンで、薄手の当て布をしながら素早くアイロンをかけるようにしましょう。

それでもしわが取れない場合には、霧吹きなどで表面がしっとりする程度に湿らせ、風通しの良い場所で一晩干しましょう。

この方法でもしわがとれない場合は面倒かと思いますが、再度洗濯をするようにしましょう。

これでおおよそのしわが取れるかと思います。

スポンサーリンク

ポリエステル生地素材の服の黒ずみが気になる時は「オキシ漬け」がおすすめ

ワイシャツなどのポリエステル素材の衣類は頻繁に着用するため、いつしか黒ずみができれしまうこともあるはず。

とはいっても普通に洗濯しているだけでは中々落ちにくい黒ずみもあるでしょう。

そんなときはSNSでも評判のオキシクリーンがおすすめ。

オキシクリーンは酸素の力を使って汚れを分解する、漂白剤入り洗濯洗剤です。

素材にも身体にもやさしいのに、汚れをよく落とすことができます。

使い方はカンタンで「オキシ漬け」をするだけ。それではオキシ漬けのやり方をご紹介いたします。

オキシ漬けの方法

  1. 洗面器に40~60度のお湯を入れ、適量のオキシクリーンを溶かしてオキシ液を作る
  2. 黒ずみが気になるポリエステル衣類を入れて、10分ほど漬け置く
  3. いつも通りに洗濯をおこなう

汚れの程度に合わせて漬けおき時間やオキシクリーンの量を調整すれば黒ずみはかなり綺麗になるでしょう。

洗濯不可の場合や汚れが綺麗にならない時は

ポリエステル素材が優秀な繊維と言っても、「そもそも家庭で洗濯できない」、「色落ちしてしまう」、「しつこい汚れが綺麗にならない」場合もあるかと思います。

とはいっても汚れやニオイなどが気になった状態で人前で洋服を着るわけにはいきませんよね。

そんな時はプロであるクリーニングに出して綺麗にしてもらいましょう。

とは言ってもクリーニングって面倒くさいですよね。

わざわざクリーニング店に持って行って、さらに後日受け取りに行かなければいけないですもんね。

そんなあなたに実は家から一歩も出ずにクリーニングできる方法があるのです。

ネクシーでは宅配クリーニングというサービスを全国展開しており、あなたがやるべきことはネットで注文して、集荷に着た佐川急便の人に玄関先でダンボールや袋に詰めた衣類を渡すだけ。

すごくカンタンな上に、ネクシーは品質も高く、最新の機械と80年の老舗の技術とで「まるで新品の様になって戻ってきた!」などと口コミで評判になるほど。

なんと仕上がりに満足できなかった場合にはなんと再仕上げを無料でおこなってくれるのは自信の表れですよね。

また、ネクシーでは近所のクリーニング店では有料のシミ抜きがなんと無料です。

気になる方はチェックしてみてください。

宅配クリーニングって近所のクリーニング店と何が違うの?という方はコチラ

他の宅配クリーニング会社と比較して決めたいという方はコチラ

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.