生きるを楽しく賢く

LIFELOG

節分

【マジ?】節分いわしの風習がヤバい!食べ方や地域!ひいらぎいわしを食べる理由や由来は?飾り方も!

更新日:

節分と言えば「鬼は外、福は内」と豆まきをして、豆を年の数だけ食べ、そして、恵方を向いて無言で太くて長い海苔巻き、つまり「恵方巻き」 を食べるという風習ですよね。

でも節分はそれだけではありません。なんと「いわし」を食べるという風習もあります。

しかも、いわしを食べるだけでなく、飾るという風習もあるのです。

なぜいわしなのでしょうか。

豆とはかけ離れすぎていて、いまいちピンと来ていない人も多いのではないのでしょうか。

例えば昔、鬼にいわしをぶつけて鬼をやっつけた、という話でもあるのでしょうか。

そこで今回は節分にいわしを食べる意味や由来、飾る理由や飾り方などについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

節分にいわしを食べる意味や由来は?

節分にいわしを食べる意味や由来ですが、いわしの語源を知る必要があります。

いわしの語源は何かというと「卑し(いやし)」と「弱し(よわし)」になります。

いわしの漢字を思い出していただけるとわかると思いますが、いわしという漢字は「鰯」、つまり魚へんに弱いと書きます。

しかも、いわしは独特のニオイがあります。

つまりいわしとは卑しくて、弱く、さらにはニオイのある存在なのです。

そのいわしを食べることで、「陰の気を消す」という意味があるのです。

つまり「目には目を、歯には歯を」というのと同じで、陰気なものには陰気な存在であるいわしで対抗して、陰気を消し去ってしまおうという考えです。

いわしにしてみたら、勝手に陰気な存在にするな、と思うのでしょうが、逆にそういった存在を作りだして自分達の弱さを克服しようとしている人間こそ弱い存在なのかもしれませんね。

また、節分というのは冬という季節の最後の日になります。

旧暦でみると大晦日になります。確かに2月は12月より寒く、一年で一番寒い時期でもんね。

体感で考えると2月こそ大晦日にふさわしい気がします。

それはともかくとして、節分の翌日である「立春」というのは旧暦で言うと元旦となるため、新年を迎えるにあたって「魔よけ」という意味でいわしを食べるのです。

魔よけをするには、ニオイも大切ですが、煙も効果があります。

ですので、節分にいわしを食べる際には焼いて食べましょう。

ここまで節分にいわしを食べる意味をご紹介してきましたが、豆まきが豆をぶつけて鬼を退散させる攻撃型だとすると、豆まきはいわしのニオイなどで魔を撃退する守備型といえるでしょう。

そう考えると恵方巻きは平和なイベントな気がしてきますね。

ちなみに節分に食べるものは地域によって、豆、恵方巻き、いわし以外にもあります。

関東地方ではけんちん汁、四国ではこんにゃくを食べます。

また地域によっては「節分そば」を食べるところもあり、調べてみると色々な由来や意味がありそうですね。

推測ですが節分そばは、節分が旧暦で大晦日だから現在の年越しそばと同じ意味なような気がします。

節分にひいらぎいわしを飾る意味や由来は?

みなさん、「ひいらぎいわし」というものはご存知でしょうか。

ひいらぎいわしというのは「ひいらぎ(柊)」の小枝に、焼いたいわしの頭をくっつけたものになります。

では節分に「ひいらぎいわし」を飾る意味や由来はどういったことになるのでしょうか。

ここで勘の良い方はわかったかもしれませんが、これまでご説明させていただきましたように、いわしというのは魔よけに効果があると言われているので、それを食べるだけでなく、飾ろうという風習になります。

もう少し詳しく説明させていただきますと、ニオイだけではなく、魔よけには「尖ったもの」も有効とされており、いわしの頭は尖っていて、そういった意味においてもちょうど良いですね。

つまり鬼の侵入を防ぐことができるのです。

さらにひいらぎの葉も尖っていますので、このひいらぎの尖った葉は鬼の目を刺すといわれています。

ひいらぎいわしの由来ですが、平安時代の風習に由来します。

平安時代にはお正月に飾った注連縄(しめなわ)に、鯔(なよし)というボラの頭と柊の枝を刺す風習があり、そこからひいらぎいわしは由来していると言われています。

スポンサーリンク

節分いわしの調理法・食べ方

節分のいわしの調理法や食べ方はどうしたらよいのでしょうか。

由来の部分でご説明させていただいたように、鬼を追いはらう、つまり魔よけということであれば塩焼きが良いでしょう。

いわしを焼くときの煙で鬼を追い払いましょう。もちろん煙が大切と言っても、火を扱うわけですから、火事にならないように細心の注意をはらっていただければと思います。

また、部屋にニオイがついたりもしますので、それぞれの事情を考慮しましょうね。

「鰯の頭も信心から」ってどういう意味?

「鰯の頭も信心から」ということわざがあるのを皆さんはご存知でしょうか。

このことわざの意味はいわしの頭みたいな大したことの無いものでも、それを信じている人にとってはとても大切なものに感じられる、という意味になります。

ここでいう鰯の頭は「値打ちがない」、「大したことの無い」というような意味になります。

節分の鰯に関する風習と関連があるのかはわからないのですが、色々考えさせられることわざですよね。

例えば子供の頃、ペットボトルのフタなどを必死に集めていた方はいませんか?

今、考えるとなぜ集めていたのか不思議に思えますよね。

よい笑い話になればよいのかとは思います。

 

節分になぜ豆を年の数だけ食べるのかが気になる方はこちら!

ひいらぎいわしの作り方に飾り方・飾る日とはずす日は?

ひいらぎいわしの作り方ですが、まずいわしを食べます。

そして身をキレイに食べ終えて残った頭と骨から、頭の部分を切り離します。

そしてその切り取った鰯の頭に柊の小枝を突き刺して完成です。

突き刺し方はいくつか方法があると思いますが、のどの位置から突き刺した柊の小枝の先を、鰯の目の部分から貫通させれば、鰯の頭が取れにくくなって良いのかと思います。

次に飾り方ですが、このひいらぎいわしの用途としては魔よけになりますので、鬼が入ってこないように玄関であったり、軒先に飾ります。

部屋の中ではそこまでは鬼が入ってくることができることになってしまいますので。

それでは意味ないですもんね。

ではひいらぎいわしはいつ飾って、いつ外せば良いのでしょうか。

それは節分の当日に飾るのが一般的です。

ちなみに、地域によっては小正月の翌日にあたる1月15日に飾る地域もあります。

外す時期はこちらも地位によって異なり、節分の翌日には外してしまう地域や、2月末まで、中には次の年まで1年間飾っておく地域なんかもあります。

基本的には皆さんお住まいの地域に合わせて外すのがよいかと思います。

でも柊はよいとして、鰯の頭はいわゆる「なまもの」なので、いくら冬の寒い時期と言っても2、3日経ったらすごいことになってしまうのでは、ましてや1年間を考えると心配になってしまいました。

もちろん飾り始めた状態を1年間保ちつづけることはにでしょうから、あまり心配しなくても良いのかもしれませんが。

ひいらぎいわしはどうやって処分するの?

ひいらぎいわしですが、魔よけとして使った縁起物となりますので、そのままゴミ箱へ捨ててしまうのは気が引ける人も多いのではないでしょうか。

ではどのような処分方法があるのでしょうか。

ひとつは神社で炊き上げでもらう方法があります。

ただし炊き上げているかは神社によって異なりますので、神社にご確認いただければと思います。

ふたつめは玄関先に埋める、という方法。みっつめは灰になるまで焼いてから、玄関前に盛るという方法。

そしてこれが一般的と言われているのですが、塩で清めて、その後に半紙に来るんで捨てるという方法があります。

確かに神社で炊き上げていただくのが一番良さそうに感じますが、わざわざ神社まで行くのは大変ですもんね。

スポンサーリンク

節分いわしはどの地域の風習?

節分いわしですが、なじみのある人と、なじみのない人がいらっしゃるかと思います。

というのは節分いわしの風習は主に関西地域での風習となっており、関東ではなじみがあまりありません。

ただし関東で確かに珍しいですが、見ないわけではないようです。

また、関西地方の中でも特に奈良県でよく見られるようです。

とはいっても、昔ほどには見かけなくなってはきているようです。

昔から節分に鰯を食べたり、ひいらぎいわしを飾ってきた年配の人たちからすると寂しい気持ちのなったりするのでしょうか。

関東地方ではけんちん汁

先ほど少し触れましたが、関東では節分にけんちん汁を食べます。

その理由はなぜかといいますと、寒い時期なので体を温めるためです。

ちなみに関東地方では節分以外でも冬の行事のたびにけんちん汁を食べる風習があるのです。

これも体を温めるためというのが理由になります。

これは言い伝えに由来しているわけではなく、すごく理にかなった風習ですね。

けんちん汁は具も色々と入っており、栄養素も高いですしね。

四国ではこんにゃくを食べる

こちらも先ほど触れましたが、四国では節分にこんにゃくを食べます。

なぜこんにゃくなのかと言いますと、こちらも理にかなっていまして、こんにゃくが体の中に溜まった砂を排出する作用に由来し、節分の体の中の砂を出して、一年間の無病息災を願うという意味で食べるそうです。

ある意味デトックス的な風習ですね。

よいことですよね。

なぜ「鰯」という漢字は「魚」に「弱い」なの?

そもそものいわしという魚の名前の由来にもなるのですが、いわしは水から揚げるとすぐに死んでしまうところから「弱し」と呼ばれていたそうです。

そしてそれが転化して「いわし」と呼ばれるようになった説が有力と言われています。

漢字の語源までは調べられませんでしたが、きっとその「弱し」に基づいて、「鰯」と書くのでしょうね。

いわし大好き平安歌人・和泉式部の歌

恋愛体質といわれる平安時代の歌人・和泉式部のいわしに関する歌を最後にご紹介いたします。

日の本に いわわれ給う 石清水(いわしみず) 参らぬ人は あらじとぞ思う

この歌を訳しますと、日本人であれば、誰でも石清水八幡宮にお参りするみたいに、いわしを食べない人などありますまい、といった意味になります。

この歌のポイントは「いわし」と「いわしみず」とを掛けているところですね。

まとめ

これまであまり節分にいわしを食べることになじみにのなかった人も、今度の節分には魔よけという由来や和泉式部の歌を思い出しながら、いわしを食べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.