生きるを楽しく賢く

LIFELOG

宅配クリーニング

スーツの洗濯方法(ズボン含む)【アイロン、頻度、日常の手入れ】

投稿日:

スーツの洗濯方法(ズボン含む)【アイロン、頻度、日常の手入れ】

ふわふわ主婦
ふわふわ主婦
・スーツって家庭で洗濯すると型崩れとかしそうだけど、そもそも洗濯できるの?もし洗濯できるのであればスーツの家庭での失敗しない洗濯方法が知りたい。

こんなお悩みをお持ちの方へ。

この記事を読むと次の事がわかります。

  • お持ちのスーツがご家庭で洗濯できるのか、5秒でわかります。
  • 洗濯可能なスーツでも実は多くの人が洗濯を失敗しています。正しい洗濯方法を知っているだけではスーツはキレイに仕上がらないのです。そこで、知っていれば失敗せず、さらにキレイな仕上がりになる「本当のスーツの洗濯方法」がわかります。
スポンサーリンク

スーツってそもそも家庭で水洗いできるの?

スーツってある意味1番過酷な洋服ですよね。

夏、お客様先に行く場合はどんなに外が暑くても着ていかなければいけませんし、冬は冬で外は寒かったとしても満員電車の中は暑い場合が多かったりと、ある意味一年中汗をかく可能性のある服だったりします。

人は見た目が9割と言われて久しいですが、特に就職活動中の学生さんのリクルートスーツに関しては、ジャケットを着ていないだけで落とされる可能性もわけですから汗をかいたとしても着ないわけにはいきません。

また、ジャケットを脱いだら脱いだで肩の部分が形作られていて、分厚くなって邪魔なため、多少暑くてもそのまま着ている人もいるでしょう。

さらに、フォーマルな場での着用になる訳ですから、シミなどももちろんNGなわけです。

と、そんなスーツこそ気軽にガシガシ洗いたい洋服ですよね。

ですが、スーツの生地は繊細なものが多く、さらには立体的な作りをしており、洗濯には不向きな要素が満載なわけです。

で、スーツってそもそも家庭で水洗いできるかどうかですが、答えとしては家庭で水洗いできるものと、クリーニングに出さなければいけないものとがあります。

ではそれをどうやって見分けるかについて、次にご紹介いたしますね。

洗濯絵表示をチェックしましょう【家庭で水洗いできるかわかります】

スーツが洗えるか洗えないかは洗濯絵表示を見るとわかります。

洗濯絵表示はスーツの場合ですと、よくジャケットのうちポケットの中にあったりする、ペロっとしたタグのことです。

下の画像のいずれかが書かれてあるかと思います。

ただし、海外のスーツには書いてありませんので、そういった場合はクリーニングに出しましょう。

引用元:コジカジ

あなたのスーツはいかがでしたでしょうか?

洗濯絵表示に「洗濯機洗い可」「手洗い可」と書かれてあればご家庭で洗うことが可能です。

最近ではウォッシャブルスーツと言って、家庭で洗濯をしても縮んだり、毛羽立ちがそれほどない繊維が使われていたり、ほつれない縫製がされていたりするスーツがありますので、洗濯絵表示を確認の上、家庭で洗うことができる場合は後ほどご紹介する方法で洗いましょう。

ただし、基本的にスーツはウール繊維などとても繊細な生地が使われており、洗濯絵表示は「水洗い不可」のものが多いと思います。

そういったスーツを家庭で洗おうとすると繊維が傷んでしまったり、型崩れしてしまったりしますので、スーツを長持ちさせ、気持ちよく着こなすためにも、クリーニング店でクリーニングしてもらいましょう。

最近はクリーニング店まで衣類の持ち運びが不要な宅配クリーニングというサービス便利なサービスもありますので、そちらを利用するのもよいでしょう。

宅配クリーニングはスマホで簡単に注文できる手軽さなどから、最近特に利用者数を増やしている人気のサービスになります。

色落ちチェックもしましょう

また洗濯が可能とわかったら、今度は色落ちをしないかもチェックしましょう。

以前私はジーンズと買って一度だけ着ただけの白いTシャツを一緒に洗濯機で洗ったことがあるのですが、洗濯が終わりTシャツを取り出したところ、白いはずだったティーシャツが見事に薄いブルーに染め上げられていた経験があります。

それでハッと気づいてジーンズを見たのですが、やはり色が薄くなっていました。

すごく気に入っていたジーンズでしたので、とてもショックだったことを覚えています。

また、うっっっすい青に染まった元白ティーシャツはどう見ても白には見えず、二度と外に着ていくことはしませんでした。

みなさんはそうならないように、洗濯前にはきちんと色落ちチェックをしましょう。

色落ちチェックはカンタンです。

色落ちチェック方法

  1. 1.洗濯に使用する洗剤を白い布につける
  2. 2.その白い布をスーツの裏側など目立たない位置をトントンと軽く叩いたり、優しくこすったりして、布に色が付かないかをチェック

色落ちがないようでしたら、早速洗濯に取り掛かりましょう。

もし色落ちしてしまうようでしたら、大切なスーツを色あせさせないためにもクリーニングに出しましょう。

ちょっとした色落ちでもスーツの印象は変わりますので、クリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニングに出したい方はこちら

ほつれや穴が開いていたりしないかチェックしましょう

ほつれがあると洗濯した時に力が加わって、さらにほつれがひどくなる可能性があります。

穴あきも同様です。

洗濯後に気づいても手遅れですので、しっかり洗濯する前に確認してみてください。

スポンサーリンク

家庭でのスーツの洗濯方法【ズボン含む】

スーツの洗濯方法を間違えると、生地がぼろぼろになったり、型崩れしたり、シワだらけになったりと場合によっては2度と着れなくなってしまう場合があります。

ワイシャツなんかに比べるとスーツは高額な衣類ですので、失敗しちゃったー、では泣くに泣けません。

とは言っても、これからご紹介する方法をひとつひとつ行っていけばキレイな仕上がりになりますので、怖がらずに洗濯していきましょう。

もちろん絶対に失敗したくないスーツはクリーニング店にお任せしましょうね。

それではポケットの中に何も入っていないことを確認したら、早速洗濯をしていきましょう。

スーツを手洗いする方法【ズボン含む】

洗濯絵表示で洗濯機での洗濯が可能と表示されていたものでも、スーツは基本的に手洗いがおすすめです。

洗濯機の弱めのコースで洗濯したしても、それでも手洗いに比べると衣類に強い力がかかります。

スーツの繊細な繊維を痛めないためにもできれば手洗いをするようにしましょう。

用意するもの
・おしゃれ着洗い用の中性洗剤
・洗濯桶(洗面器)

手洗いの方法

  1. 洗濯桶に水を入れ、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を入れて、洗浄液をつくります。
  2. 型崩れさせないために、ボタンやファスナーなど締められるものは全て締めます。
  3. 優しく折る感じでスーツをたたみます。用意した洗濯桶にすっぽり入るまで小さくたたむ必要はありません。小さく折りたたみすぎるとシワになる可能性があります。
  4. 洗浄液の中にスーツを入れ、優しく押し洗いをしましょう。押し洗いは優しく押して、手を離すことを何度か繰り返します。この時、こすり洗いをしてしまったり、押し洗いをやりすぎてしまうと生地を痛めてしまいますから、あくまでも優しく洗いましょう。
  5. 押し洗いを何度かした後は、10~15分程度漬けおきしましょう。
  6. 漬けおきが完了したら、水ですすぎましょう。洗濯桶の洗浄液は流してしまい、水に入れ替えて、優しく押し洗いをおこないます。水を何度か入れ替えてすすぎをおこないましょう。
  7. 手洗いが完了したら、スーツをバスタオルなどで優しくつつんでタオルドライをしましょう。
スポンサーリンク

スーツを洗濯機で洗う方法【ズボン含む】

先ほどもお話させていただきましたが、スーツは手洗いがおすすめです。

ですが、手洗いは面倒くさい、といった方向けに洗濯機でスーツを洗う方法もご紹介させていただきます。

用意するもの
・おしゃれ着洗い用の中性洗剤
・洗濯ネット

洗濯機で洗う方法

  1. スーツに汚れやシミがある場所はないか確認し、あったらその箇所に洗剤をなじませましょう。指などで洗剤の原液を取り、スーツになじませる感じでOKです。この前処理をしておくと、気になる汚れが落ちやすくなります。せっかく洗うのであればキレイにしたいですよね!
  2. 型崩れさせないために、パンツのボタンやファスナーを締めます。逆にジャケットのボタンははずしておきましょう。
  3. 優しく折る感じでスーツをたたみます。小さく折りたたみすぎるとシワになる可能性がありますので、ジャケットは二つ折り、パンツやスカートは三つ折にします。
  4. ジャケットはジャケット、パンツやスカートはパンツやスカートそれぞれで洗濯ネットに入れます。ここでポイントは入れる衣類の大きさにあった洗濯ネットを使うこと。衣類に対して洗濯ネットが大きすぎると、洗濯中にスーツが洗濯ネットの中で動いてしまってシワができやすくなるので注意が必要です。仕上がりをキレイにするためにはちょっとしたコツの積み重ねなんです。
  5. 「手洗いコース」「ドライコース」など、ご家庭の洗濯機の優しく洗えるコースを選びます。スーツはとても痛みやすい衣類なので、優しく洗っていきましょう。優しく洗えるコースというのは回転が少なかったり、弱かったりするコースで、そういったコースを選ぶとスーツがこすれる可能性が減るため、痛みにくくなるのです。また、シワもつきにくくなるため、アイロンがけもその分ラクになるのです。
  6. 洗剤は洗濯機にきちんと水が入ってから投入するようにしましょう。使用する洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤になります。きちんと洗剤が溶けないと、洗剤が偏ってしまって洗い上がりにムラが出来てしまいます。場合によっては、スーツの一部分だけものすごく色落ちしてしまった、なんてことも発生してしまいます。
  7. 洗濯を開始します。
  8. 基本的に脱水は洗濯機で行わないようにしましょう。スーツが傷んでしまいます。脱水するのはかなりの力がスーツにかかってしまうのです。洗濯機で脱水の替わりに、バスタオルなどでスーツを優しくつつんでタオルドライをしましょう。とはいえ、タオルドライがどうしても面倒くさい場合は、脱水を30秒以内に設定しておこないましょう。
スポンサーリンク

スーツの干し方【ズボン含む】

タオルドライまで完了したら、スーツを干しましょう!

スーツは干し方も重要で、なんとなくでやってしまうと型崩れやシワができてしまいます。

しわができるとアイロンがけが大変になってしまいますので、楽するためにも、スーツはきちんと干しましょう。

スーツの干し方にはちょっとしたコツがあります。

  • タオルドライが終わったら、すぐにハンガーにかける
  • ジャケットは太目のハンガーで干す
  • ジャケットの肩の部分には乾いたタオルを入れると早く乾く
  • ズボンやスカートはピンチハンガーを使用し、筒状になるようにして干す
  • ズボンやスカートのポケットは裏返して干すと早く乾く
  • ハンガーにかけたら、手で叩いたり伸ばしたりして、しわを伸ばす
  • 風通しのよい場所で陰干しをする

スーツのアイロンがけにはコツがあります

スーツが乾いてきたらアイロンがけをしましょう。

アイロンがけのコツは「スーツが半乾き」の状態でアイロンがけをすること。

こうすることで、シワをしっかりと伸ばすことができるのです。

無事スーツを干したからといって気は抜けないわけなのです。

でもアイロンがけで最後なので、キレイな仕上がりに向けて頑張りましょう。

スーツのアイロンがけのやり方ですが、まずは当て布を忘れずにしましょう。

当て布を用意したら、裏返してしっかりとシワを伸ばしましょう。

しわを伸ばすのはスーツの裏側でのアイロンがけが勝負なのです。

そして、裏側のアイロンがけが終わったら、今度は表に戻して、パンツなどは折り目をつけるようにアイロンがけしましょう。

ちなみに上級テクニックとして、アイロンがけがやっかいなジャケットの肩の部分やズボンの腰まわりなんかは、巻いたタオルを中に入れることで立体的な形を作ってアイロン掛けするとキレイに仕上がります。

おっと、まだ終わりではありません。

アイロンがけが終わったら、ハンガーにかけて熱を冷ましましょう。

そうすることでシワができにくくなり、これでスーツの洗濯は完了です。

スーツをクリーニングに出したり洗濯をする頻度

人によっては通勤時間を入れると毎日半日程度着ているスーツですが、どれくらいの頻度でクリーニングや洗濯をすればよいのでしょうか。

洗いすぎも生地を痛めてしまいそうですし、悩む方が多いかと思います。

かといって洗わないと汚れやニオイも気になりますよね。

春夏のスーツは軽量で通気性のよいものが多く、特に夏は汗をかいてしまうので、最低でも2週間に1回のクリーニング頻度がおすすめです。

逆に秋冬などのスーツはウールなど厚手で保温性に優れた生地のものが多く、生地の傷みを考慮すると1シーズンに1回の頻度が一般的です。

スポンサーリンク

スーツの日常の手入れ方法【ズボン含む】

ここまでお読みいただいた方はスーツのご家庭での洗濯方法を知ることができたと思います。

スーツを洗濯するには結構な手間がかかりますので、賢い方の中には、そもそも日常でお手入れすることでスーツを洗う回数を減らせる方法を知りたいと思ったのではないでしょうか。

というわけで、ここでスーツを日常的にメンテナンスできる3つの方法をご紹介いたします。

1回着たら最低1日はスーツを休ませましょう

特段手間がかからず、効果のあるスーツのメンテナンス方法です。

休ませることでスーツの繊維が元の状態に戻ったり、風通しの良いところに吊るしておくだけで、湿気が逃げていったりする効果があります。

毎日着用し続けると、繊維が変形したままさらに力が加わって余計繊維が傷んだり、汗など湿気が乾ききっていない状態でさらに汗をかくと臭いや汚れの原因になったりもします。

スーツを長持ちさせるためにも、また毎日同じスーツを着ているのは職場の人の目も気になるところですので、スーツは何着か持って、ローテーションで着用するようにしましょう。

ブラッシングで汚れを手入れをしましょう

スーツの着用後は椅子の背もたれにかけたりすることなく、ハンガーにかけるようにしましょう。

ハンガーにかけるときはポケットの中身を全て出すようにしましょう。

そしてスーツをハンガーにかけたらブラッシングをするようにしましょう。

ブラッシングの効果としては、スーツ表面の汚れだけではなく、スーツの繊維の奥まで入り込んでいた汚れも取り除けるのです。

これは意外に思われる方も多いかもしれませんが、そうなのです。

繊維の奥の汚れを落とすことで、汚れの蓄積を防ぐことができ、スーツが長持ちします。

なお、ブラッシングをおこなうブラシですが、豚毛や馬毛の洋服用のブラシなんかがおすすめです。

柔らかくてコシのある毛がスーツのホコリなどをきちんと落としてくれます。

また、ブラシによっては毛玉防止や静電気の除去ができるタイプのブラシもありますので、特に冬場静電気のピリッとした痛みに悩まされている方はそういったブラシを選ぶのも良いかもしれません。

 

スチームアイロンで手入れしましょう

スーツを着ているといつの間には細かいシワができてしまうことがあります。

そこまで目立たないけど、気にはなりますよね。

そんな時はスチームアイロンをかけましょう。

この場合のスチームアイロンのかけ方は簡単で、スーツをハンガーにかけた状態で、細かいシワを手で伸ばすようにしてスチームをかけるだけで良いのです。

また、シワだけでなく、ちょっとした臭いがスーツについてしまった場合にもこのスチームを当てる方法が有効です。

ぜひ試してみてくださいね。

 

自宅で洗えない場合や失敗したくない場合は【スーツを1番簡単に洗濯する方法】

ここまでご家庭でのスーツの洗い方をご説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

洗濯絵表示を見たらそもそも家で洗えないスーツだった方や、色落ちするスーツのため家で洗えなかい方もいらっしゃったでしょう。

逆にご家庭で洗える方はコツなどを丁寧にご紹介させていただきましたので、ぜひこの記事で読んだ内容を活かして、ご家庭でスーツを洗濯していただければ嬉しく思います。

ですが、正直面倒くさい、また、気をつけることが多くて洗濯を失敗しそう、と思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。

そういった方達はクリーニングに出してプロにお任せしましょう。

ラクチンですし、何より仕上がりが違います。

とはいっても、近所のクリーニング店に行くこと自体も結構面倒という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に向けて最近は「宅配クリーニング」という便利なサービスがあったりします。

なんとネットで注文をすると、自宅に服を取りに来てもらえるのです。

そしてクリーニングが終わったら自宅に持ってきてもらえるということで、宅配クリーニングはそのカンタンさから最近特に利用者が急増している話題のサービスなんです。

気になる方は下のリンクをチェックしてみてください。

【ネクシー】宅配クリーニング

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.