生きるを楽しく賢く

LIFELOG

宅配クリーニング

【要注意】スーツは乾燥機に入れても大丈夫?縮みやシワのできない失敗しない乾燥方法!

投稿日:

【要注意】スーツは乾燥機に入れても大丈夫?縮みやシワのできない失敗しない乾燥方法!

ふわふわ主婦
ふわふわ主婦
スーツを乾燥機に入れても大丈夫なのか?縮んだり、しわになったりしないか?縮んだり、しわにならない失敗しない方法を知りたい。

こんな疑問をお持ちの方へ。

この記事では以下のことがわかります。

  • 失敗せずに、スーツを乾燥機で乾燥させる事ができます。

それでは早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク

スーツは乾燥機に入れても大丈夫?縮みやシワのできない失敗しない乾燥方法!

ご家庭で洗えるウォッシャブルスーツは最近人気ですよね!

確かに汗をかいたり、食事などでニオイがついてしまったスーツがご家庭で気軽に洗えたら、いつも快適にスーツを着れますもんね!

さらにはクリーニング代がかからず経済的嬉しいですよね。

ウォッシャブルスーツは確かにご家庭での洗濯が可能です。

ですが、乾燥機で高温の熱にスーツをさらして乾かすのはさすがに縮んでしまうのでは、と思う方は多いのではないでしょうか?

とはいえ、もし乾燥機の使用が可能なら、干す時間を短縮できるというメリットがありますよね。

そこでこの記事ではそういったウォッシャブルスーツの乾燥機にまつわる疑問にお答えしていきます。

また、最初にお伝えさせていただきますが、この記事の内容を行う場合はあくまでも自己責任でお願いいたします。

スーツは乾燥機を使ってOK!ただし完全に乾燥させてはいけません!

結論から申しますと、ウォッシャブルスーツは乾燥機での乾燥が可能です。

ただし、正しい方法で乾燥機を使わないと失敗してスーツ生地が縮んでしまいます。

具体的には乾燥機でスーツを完全に乾かしてはいけないということ。

理由はウォッシャブルスーツにはウールが含まれているからです。

このウール繊維の表面は乾いた状態ですとうろこ状になっており絡みにくい状態になっています。

ですが、このうろこ状の表面のギザギザが洗濯により水に濡れると、ギザギザが開き、複雑に絡み合ってしまい硬くなったり縮んだりするからです。

ウールがこうなってしまう事はフェルト現象と呼ばれており、従来のスーツがご家庭で洗えない主な理由はこれになります。

逆にウォッシャブルスーツがどうしてご家庭での洗濯が可能かといいますと、それは一般的なスーツですとウール100%等、ウールの割合が高いのですが、ウォッシャブルスーツはウール50%・ポリエステル50%といった割合でできているからなのです。

もちろん、ご家庭で洗えるようにするためは他にも色々な工夫が施されているのですが、このウールの割合が高くないのがご家庭で水で洗える大きな理由のひとつになります。

とはいえ、ウォッシャブルスーツを乾燥機で完全に乾燥させるのがNGとなる理由は、それでもウールが含まれているために水洗いによってウールが絡んだ状態がさらに乾燥機の中での動きによりさらに絡まってより硬くなり、その硬くなった状態が乾燥機による熱によりセットされてしまうためにNGとなります。

では、どのように乾燥機を使えばよいのかを次にご紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

スーツを縮ませない乾燥機の正しい使用方法!

先ほどスーツを乾燥機で完全に乾燥させてはいけないこととその理由をお伝えしましたが、では乾燥機をどのように使えばよいのでしょうか。

その方法をご説明させていただきます。

それは脱水後、手のひらで軽くたたくなどしてスーツのシワを優しく伸ばしてください。

その状態から、タンブラー式の乾燥機で「低温で5分ほど」乾燥させるのが正しい方法になります。

ポイントは「低温で5分ほど」という事になります。

先ほどもお伝えしましたが、時間が長すぎると摩擦によりウールがより絡んで縮んでしまいますし、高温ですとその絡んだ状態でセットされてしまうからです。

なお、タンブラー式の乾燥機というのはコインランドリーの乾燥機や、ご家庭用のドラム式洗濯乾燥機の事で、濡れた洗濯ものを回転させながら温かい風を当てることで乾燥させる乾燥機の事になります。

ちなみにこの方法をおこないますと、脱水後にそのまま干すより、よりシワが残りづらくなるというメリットがあります。

乾燥後の失敗しないスーツの干し方!最後にアイロンがけでシワ伸ばし!

乾燥機を正しく使い、乾燥時間を短く、さらによりシワが残りづらくなった所で、次は干して完全に乾燥させます。

たとえここまでの手順を正しい方法でおこなったとしても、誤った方法で干してしまうと、型崩れなどが発生してしまうために最後まで注意が必要です。

それでは正しいスーツの干し方をご説明させていただきますね。

型崩れや変色させないスーツの干し方

スーツを干すにあたり、まず大切なのがハンガーの選び方です。

ジャケットのハンガーは肩幅に合った頑丈なハンガーを選びましょう。

クリーニング店から衣類を戻された時についてくるような細い針金ハンガーですと、水を含んだジャケットの重さに耐え切れずハンガーから落ちてしまう可能性があります。

せっかく綺麗にしたジャケットが地面に落ちて汚れてしまっては悲しいですよね。

また、針金ハンガーというのは細く小さめなものが多く、肩幅に合っていないハンガーですと、型崩れを起こしてしまう可能性がありますので、こちらも要注意です。

さらには左右どちらかに傾いた状態などバランスの悪い状態で干してしまっても型崩れが発生してしまいますので、気をつけましょう。

スラックスについてはピンチハンガーで何箇所かを押さえて干すと良いでしょう。

もちろんスラックスに関しても型崩れしないようにバランスよく干しましょう。

さらに干す場所ですが、早く乾かしたいからといって、日光が当たる場所でスーツを干すのはNGです。

日光による紫外線の影響でスーツが変色してしまう可能性があります。

ですので、スーツは陰干しするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

干してもスーツにシワが残っている時のアイロンのかけ方(ジャケットおよびスラックス)

先ほどご紹介した正しい干し方で干したとしてもシワが取りきれない場合もあるかと思います。

その場合はアイロンを正しく使ってスーツのシワを綺麗に伸ばすようにしましょう。

ここでもアイロンのかけ方を失敗すると生地がテカってしまう場合がありますので、気をつけてくださいね。

それでは正しいアイロンのかけ方をお話させていただきます。

アイロンの温度はウールですので中温(180度~160度)に設定します。

そして必ず当て布をしてください。

当て布をしないと生地がテカってしまいます。

おすすめの当て布としては綿100%のハンカチなどがおすすめです。

ジャケットにアイロンをかける順番ですが、袖⇒背中⇒前面⇒襟の下側⇒襟がおすすめです。

理由はこの順番ですと最後に襟にアイロンをしっかりかけられるからです。

そしてスラックスにアイロンをかける順番ですが、腰回り⇒腰下⇒裾上⇒裾と上から順番にアイロンをかけていきましょう。

スラックスのアイロンがけでのポイントはセンターラインが綺麗につくようにアイロンがけをおこないましょう。

ジャケット・スラックスともに順番を正しく守ることで、余計なシワをつけることなく仕上げましょう。

大切なスーツの洗濯を失敗したくない人は

ここまでウォッシャブルスーツの乾燥機の正しいかけ方から、干し方、アイロンでの仕上げまで、色々な注意点を含めご説明させていただきました。

注意すべきポイントはたくさんあり、ウォッシャブルスーツといえど綺麗に仕上げるのは結構面倒くさいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

また大切なスーツに対して自分で洗濯を行うのは失敗するのが怖いと思われた方もいらっしゃるでしょう。

その場合はやはりプロにお任せしましょう。

もちろん信頼できる近所のクリーニング店がある方はそのお店にお任せしてもよいですが、おすすめは宅配クリーニングです。

宅配クリーニングとはスマホで注文すれば宅配業者がご自宅にクリーニング衣類を取りに来てくれるという、とてもラクチンで最近人気のクリーニングサービスになります。

特に宅配クリーニングのリネットという会社は業界大手の安心感と、現在、初回ご利用の方がお得な料金でクリーニングできるというキャンペーンをおこなっておりオススメです。

このお得なキャンペーンは期間限定ですので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

また、ご自身に合った宅配クリーニングサービスが簡単にわかる記事も掲載しておきますね。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.