生きるを楽しく賢く

LIFELOG

季節の花木

【別名ジジババ】春蘭の花言葉がヤバイ!ジジババの由来は?育て方に販売値段の相場に種類は?

更新日:

春蘭

こちらの写真が春蘭ですが、なぜ春蘭という名前になったのか由来はご存知でしょうか?

また、春蘭は別名「ジジババ」「ホクロ」ともいい、その名前の由来もご存知でしょうか?

後ほどご説明させていただきます!

他にはこの春蘭の画像を見て、あなたは春蘭の花言葉は何だと思いますか?

別名ジジババと呼ばれているのに、春蘭の花言葉がヤバイです!

こちらも合わせてご説明させていただきます!

さらには春蘭の育て方に、種類や分布、春蘭販売の値段の相場もご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

春蘭とは?名前の由来は?

春蘭とはいったいどんな植物なのでしょうか?

簡単言いますとその名前の通り、日本を代表する野生ランの一種になります。

詳しく言うと、単子葉植物ラン科シュンラン属の蘭に日本旬ランなります。

土の中に根を広げる地生蘭の代表格であったりします。

ではなぜ春蘭という名前になったのか、その由来をご説明しますと、春に咲くからです。

日本を代表する野生ランなだけあって、いたってシンプルな名前ですよね。

ちなみに東洋春蘭の中には日本春蘭以外にも、中国春蘭もあります。

中国春蘭は茎の先端に一輪の花を咲かせ、中国春蘭の事を「一茎一花」とも呼んだりします。

中国春蘭

中国春蘭

春蘭の別名は「ジジババ」「ホクロ」!別名の由来は?

春蘭は別名「ジジババ」「ホクロ」ともいい、なぜそんな別名がついたのか由来が気になりますよね!

「ジジババ」の由来は、一説には、花の外花裂片と内花被片の様子が、上が「ほっかむり」で、下が「ひげ」みたいに見えるところから、お爺ちゃんとお婆ちゃんに見立てたという説があります。

また、花弁を全て取ると、弓形であるずい柱が残って、その形が腰が曲がっている老人に例えたという説もあります。

また、「ホクロ」という名前の由来は花の唇弁の部分にあらわれる斑点がホクロみたいにみえることからついたという説があります

基本的には「ジジババ」「ホクロ」という名前の由来は、その見た目からついたようですね。

春蘭の花言葉は?

春蘭の花言葉についてご紹介します!

上に掲載した春蘭の画像を見てみなさんはどんな花言葉だと思いますか?

春蘭の花言葉はズバリ 「清純」「気品」「飾らない心」「控えめな美」です。

いかがでしたでしょうか?想像通りだったでしょうか?

別名ジジババと呼ばれている春蘭なのに、とても美しい花言葉でそのギャップがヤバイですよね!

これらの春蘭の花言葉は、春蘭が雑木林でひっそりと春を待って、目立たずに小さな花を咲かせる姿にちなんでつけられています。

「飾らない心」という花言葉は、蘭としては地味な色の春蘭の花が素朴な印象を与えることが由来となっています。

春蘭の花言葉のような女性は素敵だと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

春蘭の種類

カンラン

春蘭と共に古くから親しまれている代表的な東洋蘭になります。

全体的に大型で、秋から初冬にかけて花びらの細い花をひとつの茎に対しいくつか咲かせます。

花には香りがあります。

スルガラン

スルガラン

スルガラン

「山野草を育てるNori&Wako」HPより引用

春蘭の仲間になります。

スルガという名前に反し、原産地は中国ではないかと言われています。

夏から秋にかけて緑褐色の花をひとつの茎にいくつか咲かせます。

この花の咲く時期には生花店や園芸店などでよく販売されています。

ヘツカラン

樹上に着生する春蘭の仲間です。

鹿児島県の一部にまれに見られるという珍しい蘭です。

葉っぱは細くて大きくて枝垂れで、秋には株元から下垂れするように次々と花を咲かせます。

花は白で、真ん中から赤い色の筋を流します。

コラン

スルガランに似ている種類の蘭になります。

九州の一部にまれにみられる珍しい蘭です。

葉っぱはスルガランより細くて、晩夏から秋にかけて咲く花には、緑色に褐色の更紗模様が入っています。

ナギラン

おもに常緑広葉樹林帯に生える小型の蘭になります。

なぎなたの様な葉っぱを2、3枚広げて、初夏には白い花を2、3輪咲かせます。

アサナギラン

ナギランに似ていますが、やや大型で、秋には緑色の花を3~10輪咲かせます。

春蘭の画像

春蘭の画像を掲載させていただきます。

楽しんで見ていただければと思います!

金龍冠

金龍冠

「東洋蘭専門店 光珠園」HPより引用

弁慶

弁慶

「東洋蘭専門店 光珠園」HPより引用

円月

円月

「東洋蘭専門店 光珠園」HPより引用

春蘭の形態や分布

春蘭の形態

春蘭の形態ですが、葉っぱは地表から出てくる根出葉で、細長くて薄くはありますが固くて、弓の様に曲線を描いて下に向かいます。

花は3月から4月に咲きます。茎の先端に花がひとつつきます。

なお、まれに2、3個つくときもあります。

花は横を向いて咲きます。

果実は紡錘形(円柱形で両端がとがっている形)で、果実が熟すと茎が伸び、葉の上に出て、上向きで直立します。

種はとても小さくて、埃のようにも見えます。

春蘭の分布

春蘭の分布は日本各地でよく見る事ができます。

国外としては中国にも分布しています。

春蘭は食べられる?

春蘭は食べることができます。

山菜としても用いられており、花を採って、茹でて酢の物などにして食べます。

また、塩漬けにしてお茶として飲んだりもします。

観賞用としても親しまれ、さらには山菜として食べることもできるというのは、春蘭はとても人間との関わりが深い植物なんですね。

スポンサーリンク

春蘭の育て方

春蘭の育て方のポイントをご紹介させていただきます!

春蘭の栽培環境

春蘭を栽培する環境としては、1年中、半日陰になる場所が良いです。

夏は葉焼けしないように75パーセント程度の遮光するのが良いでしょう。

鉢植えの場合、冬は極端な凍結は避けたく、加温しないハウスの日陰や棚下などにおくのが良いでしょう。

植え付けや植え替えについて

植え付けは花後、もしくは秋に行いましょう。

植え付けする前に、痛んだバルブや根を整理して、切り口から病気が入らないように注意が必要です。

また、植え替えは2年に1度程度、植え付けと同じ感じでおこなうとよいでしょう。

用土と鉢植えの際の鉢は?

春蘭の鉢植え

春蘭の鉢植え

「植物写真館」HPより引用

春蘭の根は太くて長いので、深めの鉢にするのがポイントです。

また、通気性も好みますので、鉢穴の大きいものがよいでしょう。

蘭専用の鉢が売られているので、専門の鉢を使うのがオススメです。

用土は水はけと通気性の良い荒めの用土がよいでしょう。

基本的には粒径5~10mmの硬めの硬質鹿沼土と軽石を8:2程の割合で配合して使います。

用土も蘭専用のものが販売されていたりします。

水やりは?

基本的には用土が乾いたら水やりをおこないます。

季節によって適した水やり方法は異なり、春と秋は朝に、夏は夕方から夜にたっぷりと水を与えます。

冬に関しては鉢の乾きの状態を見て、用土が白く乾いていたら水やりするのがよいでしょう。

肥料

新しい葉が成長し、花になる芽ができてくる4月下旬~6月下旬および、芽が充実する9月下旬~11月上旬に、液体肥料を2週間に1回のペースで与えましょう。

また、花後と秋には1度、置き肥を併せて行うと効果的でしょう。

病気と害虫

春蘭の病気としては蘭科としての大敵、ウイルス病になります。

葉に規則正しくない色ムラであったり、モザイクの模様が見えたら要注意です。

また、ウイルス病のほかにも、灰色かび病、黒斑病、炭そ病、軟腐病、根腐れがあります。

害虫としては花にアブラムシがよくつきます。

また、梅雨等の水やりが少ない季節にハダニが発生したりします。

また、ヨトウムシやナメクジの食害にも注意が必要です。

増やし方は?

植え付けするときに大きい株になったものは株分けをしましょう。

バルブ(ぷっくり膨らんでいる茎の事をバルブと呼びます)が2~3個ついた状態で、必ず新しい芽をつけて分けるようにしましょう。

バルブの間をハサミなんかで切りますが、切り口から病気が侵入しないように気をつけましょう。

また、種まきはフラスコなどの特殊な環境が必要なため、一般的ではありません。

主な作業

春蘭を育て方として主な作業としては、葉は2~3年で更新しますので、痛んでいる古い葉っぱは外します。

また、花後は咲き終わった花を摘み取るようにしましょう。

春蘭販売の価格の相場は?

最後に春蘭販売の価格の相場を調べてみました。

ネットによりますと、蘭の価格の違いですが、特に基準はあって無いようなものとの事で、要は売る人と買う人の価値観次第なようです。

ですが、あえて言うのであれば、珍しい品種であれば希少価値が高く、それだけ欲しい人が増えるということです。

ですので、観賞価値は二の次、という意見もありました。

要は需要と供給ということですので、たとえ珍しい品種であってもたくさん出品されていれば安くなるということもありえます。

資本主義とでもいうのでしょうかね。

まとめ

春蘭とは日本を代表する野生ランの一種になります。

別名を「ジジババ」や「ホクロ」と呼ばれたりもします。

花言葉は「清純」「気品」「飾らない心」「控えめな美」です。

春蘭は観賞用だけでなく、山菜として食べることもできます。

この記事の写真や記事を見て、旬蘭のことが気になったあなたはぜひ春蘭を育ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.