生きるを楽しく賢く

LIFELOG

考察

Tリーグ(卓球)のメンバー詳細!石川佳純や平鈴莉空(3歳)も参戦?

投稿日:

卓球の新たな国内リーグである「Tリーグ」。

2018年秋より開幕のTリーグが今注目を集めています。

そこで今回はTリーグにどんなメンバーが参加するのかをご紹介いたします!

また、石川佳純選手は参加されるのでしょうか?

参加されるのであればどのチームに所属されるのか、契約金はいくらだったのか、などを調査してみました!

話題の3歳児の卓球選手である平鈴莉空(たいらりりあ)選手についても調べたので書いみたいと思います!

さらに、新リーグ発足にちなみ、新しい習慣の始め方についても考察し、お伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

Tリーグ(卓球)のメンバー紹介!

まずはTリーグの大会レギュレーションですが、シングルス3試合、ダブルス1試合の4試合で、勝利数の多いチームが勝ちとなります。

2勝2敗となった場合には、11点先取で勝利となるもう1試合(ビクトリーマッチ)が行われ、勝敗が決まるというルールになります。

現在は男子4チーム、女子4チームがTリーグに参加しています。

ちなみに各チーム、外国人枠の制限はなく、過去2年間で世界ランキングトップ10位以内の選手が1人以上所属し、合計6名以上の選手の参加が必要となっています。

それでは各チームのメンバーと世界ランキングをご紹介していきます!

T.T彩たま

坂本竜介監督

吉村 真晴 世界ランキング27
岸川 聖也
黄 鎮廷(ウォン チュンティン) 世界ランキング9位
鄭 栄植(チョン ヨンシク) 世界ランキング26位
ティアゴ アポロニア 世界ランキング36位
平野 友樹

木下マイスター東京

邱建新総監督

水谷 隼 世界ランキング12位
張本 智和 世界ランキング8位
松平 健太 世界ランキング23位
田添 健汰
大島 祐哉 世界ランキング28位
田添 響

岡山リベッツ監督

白神宏佑

上田 仁 世界ランキング47位
吉田 雅己 世界ランキング60位
森薗 政崇 世界ランキング38位
柏 竹琉
横山 友一
李 尚洙 世界ランキング7位

琉球アスティーダ

外間政克監督

松平 賢二
丹羽 孝希 世界ランキング11位
荘 智淵 世界ランキング14位
陳 建安 世界ランキング32位
村松 雄斗
江 宏傑
小澤 吉大
有延 大夢
張 一博

木下アビエル神奈川

監督未発表

浜本 由惟 世界ランキング42位
森薗 美月
袁 雪嬌
長﨑 美柚 世界ランキング34位
木原 美悠

TOP名古屋

新井周監督

エリザベタ サマラ 世界ランキング20位
徐 孝元(ソ ヒョウォン) 世界ランキング12位
鄭 怡静(チェン イーチン) 世界ランキング8位

日本生命レッドエルフ

村上恭和総監督

石垣 優香
平野 美宇 世界ランキング9位
早田 ひな 世界ランキング25位
森 さくら 世界ランキング72位
前田 美優
常 晨晨
築 月晗

日本ペイントマレッツ

三原孝博監督

加藤 美優 世界ランキング24位
田代 早紀
松平 志穂

※世界ランキングは2018年9月度時点のものになります。

スポンサーリンク

Tリーグ(卓球)に石川佳純は参加するの?所属チームは?契約金は?

結論から言いますと、現在石川佳純選手(世界ランキング4位)はTリーグには参加表明していません。

ということで所属チームも未定です。

ですが、チャンスがあれば参加したい、という発言もあったりして、今後Tリーグ参加の可能性もあります。

また、契約金については世界ランキング7位の伊藤美誠選手と合わせて、石川佳純選手も一人5000万円という契約金でオファーしたい、という松下浩二理事の発言も過去にあり、今後高額な契約金で参加される可能性もありそうです。

楽しみですね。

平鈴莉空選手(3歳児の卓球選手)の卓球の腕前やご両親について

T.T彩たまと契約した3歳児の話題の卓球選手、平鈴莉空(たいらりりあ)選手。

平鈴莉空選手は2032年のオリンピックで金メダルを取れるように選手を育成するプロジェクトのシンボルという位置づけになります。

しかしシンボルというだけではなく、平鈴莉空選手のご両親はともに卓球の世界選手権に日本代表として参加したことのある卓球一家のお子さんでもあります。

左利きで埼玉に住み、現在は中国リーグに出場経験のあるコーチのところで、9月から本格的な練習を始めていて、ラケットにボールを当てられるようになってきたということです。

これからの成長が楽しみですね。

スポンサーリンク

新卓球リーグ「Tリーグ」発足にちなみ、新しい習慣の始め方のコツを考察

Tリーグのように新しいことが始まるというのは色々なパワーが通常は必要ですよね。

それは個々人が新しい習慣を始めるときにも同様にパワーが必要で、なかなか習慣化は難しかったりするもの。

そこで、今回は新しい習慣を始めるコツをお伝えしていきたいと思います。

小さいことから始める

習慣化の最大のコツは、小さいことから始めることです。

勉強など、よし今日から毎日2時間勉強するぞ!と思っても、脳のメカニズム的にそれは抵抗してしまうのです。

ですので、毎日10分だけ勉強するところから始めるようにしてみてください。

そこから30分、1時間、と徐々に長くしていくと習慣化しやすいです。

自動化してしまう

よし、やるぞ!というモチベーションを上げて行動する形は止めましょう。

モチベーションに頼るのではなく、家に帰ってきたら服を着替えてそのまま机に向かう、といった風に行動をルーチン化し、自動化してしまいましょう。

こうすることで、何も考えることなく、帰宅する→服を着替える→机に向かい本を読む、という流れで、服を着替える、という行動をトリガーにして、勉強を始めることができるのです。

まとめ

新卓球リーグ「Tリーグ」は男女合わせ8チームが参加しており、中国のトップ選手の参加は少ないものの、男子では世界ランキング8位の張本智和選手や、世界ランキング12位の水谷隼選手であったり、女子では世界ランキング9位の平野美宇選手といった日本代表選手が参加しています。

世界ランキング4位の石川佳純選手や世界ランキング7位の伊藤美誠選手など現在Tリーグに参加表明をしていないものの、今後の参加動向が注目されています。

T.T彩たまと契約した3歳児の卓球選手、平鈴莉空選手は2032年のオリンピックで金メダルを獲得するためのプロジェクトのシンボルとして今後が楽しみな選手です。

また、新しい習慣の始め方のコツは小さなことから始めて、モチベーションに頼らずに自動的にやれるようにすることです。

皆さんも新卓球リーグ「Tリーグ」の開幕にあわせて何か新しいことを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.