生きるを楽しく賢く

LIFELOG

バレンタインデー

海外のバレンタインやホワイトデーがヤバイ!人気のオススメ海外メーカーチョコレートもご紹介!

更新日:

海外のバレンタインがヤバイです!

日本でのバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを渡して愛の告白をする日で、ホワイトデーは男性がバレンタインデーのお返しに女性にお菓子などを渡して告白の返答をする日、というのが一般的です。

ですが、なんと海外ではバレンタインを祝ったら死刑になることもある国があったりします!

そこで今回は海外のバレンタインデーやホワイトデー事情をご紹介いたしますので、バレンタインの話題になった時などにぜひ話されてみてはいかがでしょうか。

また、海外にも美味しいチョコレートや変わったチョコレートがたくさんありますので、人気の海外メーカーチョコレートもご紹介しちゃいます!

周りの人とは贈るチョコに差をつけたいアナタは要チェックです!

スポンサーリンク

海外のバレンタイン事情!ホワイトデー事情!

海外のバレンタインやホワイトデーといっても実は一律ではなく、国によって様々な習慣があります。

そこで、国別にどういった習慣になっているのかご紹介していきたいと思います!

アメリカ

アメリカのバレンタインデーは男性が女性に気持ちを伝える日とされています。

日本とは逆ですよね。しかもプレゼントも日本とは異なり、チョコレートとかのお菓子ではなく、ジュエリーやアクセサリー、花束やメッセージカード、ハート型のバルーン、または豪華ディナーなどになります。

個人的には男性から女性に恋愛アプローチをするのって、特にバレンタインデーでなくとも一般的ではあるので、特にバレンタインデーでなくても、と思ってしまうのですが、いかがでしょうか。

女性から伝えたいけど、でもあまり一般的ではないので女性からはなかなか告白しづらいな、と思っている人のためのきっかけとしての日本のバレンタインデーの形の方が良い行事かと思いますが、いかがでしょうか。

 

バレンタインデーに使える恥ずかしい英語メッセージはこちら!

イタリア

イタリアのバレンタインデーは、男性が女性をレストランに連れて行って、花とプレゼントを渡します。

このお花ですが、なんとバラの花です。

特に赤いバラがプレゼントされることが多いです。

これはさすがイタリアって感じですよね。

次に多いのが下着と言われており、これまた赤い下着が多いのだそうです。

日本では下着のプレゼントはなかなか攻めているプレゼントになってしまいますが、イタリアでは一般的なバレンタインデーのプレゼントのようです。

ですが、男性は彼女の下着のサイズをわかっているのかが気になりますよね。

ついで、ジュエリーやアクセサリーといった装飾品になり、ペアでおそろいのものを購入する場合もあるそうです。

チョコレートを渡す場合もあるそうですが、こちらはオマケ程度なプレゼントになるそうです。

イギリス

イギリスのバレンタインデーは好きな人にカードを贈り告白するのが一般的です。

始まったのは18世紀と由緒あるバレンタインカードで、なんとカードの贈った人の名前は書かないのが一般的のようです。

これは困ってしまいますよね。

例えばアナタが放課後、帰るときに下駄箱にいったら、下駄箱に愛の告白のメッセージが入っていて、でも、誰だかわからなかったらあなたはどう思いますか?

ずっと頭の中がもんもんとしてしまいますよね。

多少ヒントとなるメッセージが記載されているならまだしも、「ずっと好きでした」というメッセージだけだったら全くわからないですもんね。

告白された側は大変かもしれませんが、イギリスならではの面白いといえば面白い習慣ではありますよね。

 

バレンタインデーに本命彼にクッキーを渡してはいけない理由はこちら!

フランス

フランスのバレンタインデーは「恋人達のお祭りの日」という位置づけになります。

フランスでは男性から女性に贈り物をします。

贈り物としては赤いバラが一般的です。

ちなみに赤いバラの花言葉は「あなたを愛します」という意味になります。

日本人的には気恥ずかしい気もしなくはないのですが、バラを渡すのってすごくわかりやすいですし、かつすごくスマートな気がします。

ドイツ

ドイツのバレンタインもフランスと同様に、男性が女性にバラなどのお花をプレゼントするようです。

ただし、告白をするという風習はないらしく、恋人であったり、夫婦に限っての行事になります。

日本的なバレンタインデーにプレゼントを贈って告白するというのは、ドイツ的にはおかしいという感覚らしいです。

スポンサーリンク

デンマーク・ノルウェー

デンマークとノルウェーのバレンタインはすごいです。

なんと男性が女性にポエムを贈る日になります。

すごいですよね。デンマークとノルウェーの男性はモテるためには愛のポエムのひとつやふたつ作れないといけないんですね。

しかもなんとそのポエムには自分の名前は書かずに匿名で、文章の最後に自分の名前の数だけ「点(ドット)」を打ちます。

これも面白い風習ですよね。

そして、ポエムをもらった女性はその贈り主が誰かわかった場合、その贈り主の男性からイースターの日(4月21日)に、イースター・エッグをもらえます。

逆に男性を当てられなかった場合は女性から男性に卵をあげなければいけないらしいです。

ゲーム性が高くて客観的には面白そうなイベントですが、当事者になった場合はどう思うのでしょうか、気になりますね。

スロベニア

スロベニアのバレンタインデーは、愛を探す、という意味合いで裸足で歩く習慣があるみたいです。

それはどんなに寒い日だったとしても。これもなかなか大変なイベントですね。

エストニア

エストニアのバレンタインデーは恋人や旦那さんに贈り物をするわけではなく、友情を祝うイベントらしいです。

これは現在お付き合いしている人がいない場合でも参加できますので良いですよね。

ウェールズ

ウェールズのバレンタインデーは「ラブ・スプーン」というものを恋人に渡します。

ラブ・スプーンの形は恋人同士で寝ているときに片方が片方の事を後ろから抱いているような形になっています。

これは「Spooning(スプーンする)」という新しい表現にかかっています。

恋人同士なら良いかと思いますが、好きでもない人にこのラブ・スプーンを渡されたら怖いですよね。

中国

中国のバレンタインデーは恋人募集中の人がお寺に行って愛を探すという、なんとも中国っぽいイベントです。

お寺で素敵な出会いがあると良いですよね。

また男性が女性にバラの花束を渡す風習もあり、バラの本数によって意味が違ってくるのだそうです。

ちなみにバラの花1本ですと「あなただけに」、99本で「永遠に」、そしてなんと108本ですと「結婚して」とプロポーズの意味になります。

意味合いが異なってくるので、本数を間違えないようにしないといけませんので、お花屋さんも大変奏ですね。

韓国

韓国のバレンタインデーは日本と似ています。

女性が好きな男性にチョコを贈るのです。

ですが日本と異なるのは手作りチョコレートを贈る風習はなく、高級なチョコレートを本命の男性にプレゼントをするようです。

 

詳しい韓国のヤバいバレンタインデー事情を知りたい方はこちら!

韓国のまさに黒い日!ブラックデーって知ってる?

台湾

台湾のバレンタインデーは恋人同士がデートを楽しんだり、プレゼントを贈りあう日になります。

そして驚くべきことは、なんと台湾のバレンタインデーは年に3回あります。

1回目は2月14日、2回目は3月14日、3回目は7月7日になります。ちなみに若い人たちの間ではやはり2月14日のバレンタインデーが一番重要らしいです。

そしてプレゼントですが、相手の欲しがっているものになります。

具体的にはといいますと、女性にはアクセサリー、男性にはゲームなどが多いようです。

個人的には年に3回もあるとプレゼントの価値が減ってしまうような気もしてしまいますが、カップルそれぞれで楽しんでいる分には良いのではないでしょうか。

インド

インドのバレンタインデーですが、ヒンドゥー教的にはバレンタインは禁止となっています。

ですが、実際のところはプレゼントのやり取りがあるようです。

イスラム圏

イスラム圏ではバレンタインはキリスト教のイベントになりますから、禁止されている国もあります。

サウジアラビアはすごくて、バレンタインを祝ったら死刑になってしまうこともあるらしいです。怖いですよね。

スポンサーリンク

人気のオススメ海外メーカーチョコレート

海外のオススメのブランドのチョコレートをご紹介します。

ゴディバなどの超有名ブランドはご紹介しませんので、気になるブランドがあったアナタは他の人と差をつけるためにもこれからご紹介するブランドのチョコレートを贈るのも良いかもしれません。

ドモーリ

近年のチョコレート業界を引っ張っているといっても過言ではないブランド・ドモーリ。

産地や品種によって個性が違うカカオに注目して、産地別、品種別のチョコを主に作っています。

カカオ分が強いので甘いのが苦手な人にバレンタインを渡そうと考えている人にはもってこいのブランドです。

サダハルアオキ

サダハルアオキは日本人パティシエです。

ビビッドカラーが印象的で見た目にも美しいボンボンショコラが特に人気です。

カファレル

イタリアのトリノの老舗ブランドです。

カラフルな見た目と本格的な味わいのチョコレートブランドです。

ジャンポールエヴァン

シンプルでシックな大人な印象のブランド・ジャンポールエヴァン。

可愛すぎないので、男性的にもウケが良いブランドです。

デメル

老舗のオーストラリアのブランドです。

オーストラリアならではの濃くて思い味わいになっています。

外装も落ち着いた高級感をかもし出していますので、年上の男性にバレンタインを渡すときはこのデメルというブランドにしてみてはいかがでしょうか。

ドゥバイヨル

フランスで選ばれた人にしか与えられない「M.O.F」という称号を持つ、ショコラティエのドゥバイヨル氏の名前がついたチョコレートブランドです。

このドゥバイヨル氏はいろいろな生産者を渡り歩いて、素材に徹底的にこだわり抜くショコラティエですので、その味も期待できますよね。

 

ドバイ王室御用達のパッチチョコレート情報はこちら!

カカオサンパカ

カカオサンパカというスペインのブランドは、エルブジという超一流レストランのパティシエが商品企画に関与しており、先鋭的でありつつもバランスの良い味わいのブランドです。

カカオサンパカというだけあって、カカオへのこだわりも強く、副材料までこだわった、斬新でかる複雑な味わいが楽しめます。

定番ではなく新しいものをバレンタインに贈りたいと思っているアナタにはオススメのブランドです。

ピエールエルメ

お菓子業界のピカソとも言われているピエールエルメ。

チョコレート以外にもマカロンや焼き菓子なんかも人気です。

フロランタンは甘く、かつほろ苦く、そして爽やかな香りもして、こちらも手土産なんかに人気です。

ぜひバレンタインデーにマカロンを贈ろうと思っているあなたはピエールエルメのマカロンなんていかがでしょうか。

ちなみにマカロンに込められる意味は「特別な存在」という意味になります。

ダロワイヨ

フランスの老舗ブランドです。

チョコレートだけでなく、マカロンも人気です。

ヴァローナ

製菓用のチョコレートで、一流シェフが使うチョコレートブランドです。

ピエールマルコリーニ

ピエールマルコリーニは名前を知っている人も多いのではないでしょうか。

色艶がよく、とにかく可愛いのが特徴です。

こちらは女子ウケのよいブランドになりますので、本命チョコとして渡すというより、女性の友達に友チョコとして渡すのに向いているかと思います。

今年はぜひアナタの個性、相手の個性、そして二人の関係に応じた海外ブランドのチョコレートを贈られてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Copyright© LIFELOG , 2019 All Rights Reserved.